2018年の日経平均見通し。オプション売りにとって大チャンス?


今日は今年最後の記事更新となります。
今回は、いつもコメントをくださる方から
「相場の長期的な見通しを教えてほしい」と書き込みがありましたので、
僕なりの来年2018年の日経平均見通しを書いていきたいと思います。

結論から言いますと、来年はオプション売りにとって
大チャンスがやってくると想定しています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


現状のオプション売り方の相場環境としては、
はっきり言って厳しい状況にあります。
インプライドボラティリティは過去最低水準を記録し、
オプション価格も非常に安くなっています。
この状態で売りを仕掛けるには、
ATMから近いところを攻めていかなくてはならず
リスクを伴います。

そんな状況が、なぜ2018年に好転すると考えているのか
書いてみたいと思います。

リーマンショックからはや10年、世界の株価はうなぎ登りとなり、
連日過去最高値を更新しています。

 

 

上のチャートは長期の日経平均株価のチャートです。
バブル景気がありましたので史上最高値更新となっていませんが、
すでにリーマンショック前高値を抜いており、
約26年ぶりの高値水準となっています。

日経はまだましな方で、
アメリカの株価はさらにすごい事になっています(笑)

 

 

リーマンショック前の高値水準はとっくの昔に抜き去っており、
史上最高値を更新しています。
現在の株価はリーマンショック安値の4倍に達しています。
特に最近の上げの角度が凄いですよね。

このように、いま世界中の株価が凄い勢いで上げています。
これは、各国中央銀行の緩和マネーが流れ込んだことも
要因の一つと考えており、そろそろ限界が近いと感じています。
さらに僕の考えとして、株価10年周期というのがあって、
10年続いた上昇相場がそろそろ終わるのではないかと思っています。
つまり、2018年はバブル崩壊の可能性が高い年と思っています。

 

もし急落が起こったとすると、インプライドボラティリティが跳ね上がりますので、
オプション売りにとっては大チャンスとなります。
今まで売り方が苦しかった分、千載一遇のチャンスがやってくると見ています。

ボラティリティは株価と比べて動きが予想しやすい特徴があります。
ボラティリティが跳ね上がった後は、
ジワジワと低下する傾向があります。
このジワジワ低下する流れにおいて、
オプション売りを遠いところに仕込むことを考えています。

ボラが跳ね上がる時っていうのは、相場参加者がパニックになっている時ですから、
考えられないくらい遠いところにオプション価格がつく可能性があります。

 

まぁ、あくまでも僕の見通しですから、あまり信用しない方がいいと思います(汗)
バブル崩壊を予想するのは、ほぼ不可能ですのであくまでも可能性の話です。
ただ、チャンスをつかむにはチャンスに備えていなくてはなりませんから、
暴落の可能性は頭の片隅に常において、トレードしていきたいと思います。

 

最後になりましたが、
今年11月からブログを読んでいただきありがとうございました。
僕のようなオプションを始めて2か月の人間が、
ブログランキングの上位に居られるのも、
読んでいただいている皆さんのお陰というほかありません。
本当にありがとうございました^^

もしよろしければ、最後にランキング参加お願いします(笑)
もちろん出来ればで結構です^^

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


3件のコメント

  • きよえもん

    おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

    私のような者のリクエストに応えて下さりありがとうございました。

    しかし、いきなりの暴落説には少々驚きました。

    私の予想では、年初の1月は安くて、2月ぐらいから高値更新を目指すものと想定していますが、
    決めつけはよくないので、この暴落説も頭の片隅に入れておきます。

    ※過日コメントした、岩国基地の増強完備は5月頃となりますから、北朝鮮攻撃はそれ以降です。

    ちなみに、

    >もし急落が起こったとすると、インプライドボラティリティが跳ね上がりますので、オプション売りにとっては大チャンスとなります。

    私めの経験では、この2ケ月は比較的値動きが小さくて、オプション売りには儲けやすい環境でした。
    過去の1000円を超える急騰も急落も、オプションの値段がとんでもなく跳ね上がり、SL連発で、大きな損失を出した思い出しかありません。

    例えば、急落の時は、コール売りのみに徹するとか出来ればイイのですが、もう下げ止まりと判断してプット売りを仕掛けては含み損の大きさに耐えかねての
    損切りの連続です。

    勝率90%のオプション売りといえども、やはり、トレンドの方向性と資金管理の2つが絶対に重要であります。

    ●ちなみに、本日から海外は動いています。日経CFDも、22900円超えから始まり、22700円割れと大きな値幅で動いています。
    このまま22700円を割ってきて、連休明けの4日は、ギャップダウンで始まれば、拙者の想定通りですが・・・。

    • きよえもん

      >このまま22700円を割ってきて、連休明けの4日は、ギャップダウンで始まれば、拙者の想定通りですが・・・。

      22700円割れどころか、現時点であっさりと23000円を超えています。連休明けの4日は、反対にギャップアップで始まりそうです。
      このままでは、日足・週足ともに力強い陽線か?
      本記事の暴落説と、私めの1月下落説は、早くも覆されるのか?
      だから、予想はよそうと言ったんだ(笑)。

      • オプマニ

        あけましておめでとうございます。
        今年もよろしくお願いします。
        記事更新がない中、ランキングの応援ありがとうございます!
        只今帰省中で、記事更新が難しい状況です(汗)

        暴落説はいきなり出鼻をくじかれましたが、
        まだ年は明けたばかりです(笑)

        確かに値ごろ感の逆張りは危険ですね。
        僕もFXでよく資金を溶かしてしまいました。。。
        自分がどう思おうと相場にとっては全く関係のないことなんですよね。

        ということで、僕の場合は暴落を確認してからコールを売る作戦です。
        ボラが低いうちに暴落を予想して仕込むことはしません。
        あくまで動いてからその方向にエントリーします。
        これも過去の大失敗から学んだことです(汗)

コメントを残す