三角持ち合い上放れ&円高傾向に歯止め。日経はこれから上昇する?


昨夜のダウは100ドル超の上げを演じ、再び最高値を更新しましたね。
一本調子の上げで力強さを感じました。
イエレンの議会証言は、景気を楽観視して追加利上げを正当化する内容、
そしてDGP改定値は予想を上回った事で買いを呼んだようです。

これを受けて日経は上昇するのでしょうか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


僕が一番懸念していた円高ですが、
チャート的には、歯止めがかかってきたように感じました。
特に4時間足では、ズルズルと下げていて全く上げる気配がなかったのですが、
昨日のアメリカ時間から雰囲気が変わってきました。

この円高の前提が崩れると、
揉み合いを予想していた日経も修正せざるを得ません。

 

上の日経225の4時間足チャートを見ると、アメリカ時間で三角持ち合いを上抜けました。
一旦は、11月17日の高値(22,770円)のレジスタンスで撃ち落とされて反落していますが、
上昇傾向は続いていると感じます。

僕は今、コール売り1枚、プット売り1枚を持っています。

上昇傾向がこのまま続くとすると、
コール売りのヘッジを準備しなくてはいけません。

 

 

上のチャートは、どこでヘッジの準備をするのか
あらかじめ想定しているラインを示しています。

コール売りヘッジは、レジスタンス(11月17日の高値(22,770円))を
大きく超えてきたあたりを想定しています。

プットに関しては、上昇傾向なので心配は少なくなりましたが、
一応、22,160円のサポートを下まわったらヘッジを考えたいと思います。

僕は、このようにあらかじめ非常時の対応を想定しておかないと、
考えられないようなミスをするんですよ(笑)

特にオプションは、非常時にはボラティリティが異常に跳ね上がります。
今月のSQ前には、コール価格が一桁から一気に110円まで上がった経験をしました。
もう、当時はなす術がなかったですね(笑)
ただただ見ているだけでした。

今のコール売りに関しても、12C23625 なので、ATMから1,000円くらい離れています。
SQまで6営業日ということを考えると、過去の統計からINする可能性は9%です。
ここから考えると安全圏かなーとも思うのですが、
こういった心のスキをついてくるのが相場です。
やはり、非常時の対応は想定しておくのが良いと考えます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m
もしよろしければ、以下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す