考え方はシンプルでも、そう簡単にいかないのが相場の難しさ


僕が考えているオプショントレードのコツは、
非常にシンプルで、
ボラが上がった時に、プットを売る
です。
でも、考え方は非常にシンプルなのですが、
これを具体的な手順に落とし込もうとする時に、
大きな壁に当たります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


「ボラが上がった時」というのは、
ボラが25の時?30の時?はたまた40以上の時?
という疑問がわきますし、
「プットを売る」に関しても、
現在値からどれくらい離したらいいのか?
何枚売ればいいのか?
下落真っただ中で売るのは危なくないのか?
など色々な疑問がわいてきます。

僕は、具体的な手順に落とし込むのは、ほぼ不可能だと思っています。
仮に以下のような超具体的な手順があったとしましょう
「ボラティリティが30以上になったら、20%下の権利行使価格のプットを1枚売りましょう」
一見、超具体的で非常に親切に思いますが、
これでは全く応用が利きませんし、想定外の事が起こった時に対処できません。

暴落時のプット売りは、大抵下落真っただ中でポジションを持ちますので、
多少の恐怖はあります。
なので、超具体的な方法を初心者が実行する場合、
「本当に大丈夫?」という疑問がわいてきます。
で、何とかポジションを持ったけど、下落の恐怖に耐えられずに損切り
なんてことになってしまいます。
そして、「この方法は稼げない!(怒)」となって、見捨てられてしまいます(笑)

結局、エントリーする場合も、目に見える数値だけで判断しているのではなく、
「ここはやめとこう」「ここはいけそうだ」というのは、
感覚的なもので判断している場合が多いです。

相場で稼ごうとする場合、どうしても分かりやすい具体的な方法に行きがちです。
インディケーター等も、相場の複雑な動きを数値で分かりやすくしたものです。

でも、一番大事なことは、言葉で表されない「感覚」だと思っています。
この感覚を養うには、相場を一定期間真剣に見る必要があると思っています。

何だか色々と分かりずらい文章となってしまいましたが、
とにかく言いたいことは、
具体的でわかりやすい手法だけで稼ぐことはできない」ということですね。

仮に誰にでも実行できる分かりやすい手法があったとしたら、
ほぼ全員が稼げることになってしまいます。
でも、相場というのは、お金の奪い合いのゲームですから、
全員が稼げるというのは、大きな矛盾ですよね?

ということは、やはり「分かりやすい手法で稼げる方法はない」ということになります。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す