デモトレードで伸び伸びトレードして、本当に上達するのか疑問、、、


トレードに関して世間一般で言われている事として、
「トレードを始めるには、まずはデモからやりましょう」
というのがあります。
以前までは「まぁ、確かにそうだよなー」
なんて思っていましたが、
最近はちょっと疑問を持つようになってきました。
“デモトレードは全く役に立たない”とまでは言えないけども、
大して役に立たないんじゃないかと思うようになってきました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


最近の僕の考えとして、
デモトレードがいくら上手くなっても、
リアルトレードでは全く役に立たないと思っています。

というのも、相場で一番やっかいなことは、
このブログで何度も書いている通り、「恐怖」です。

実際にお金を投じないデモトレードは、
この「恐怖」を全く感じません。
デモで10万円失おうが、100万円失おうが、
痛くも痒くもないのです。

恐怖を伴わないデモで、
伸び伸びトレードしても、
全く上達しないというのが僕の考えです。

実際、デモだと上手くいくのに、
リアルトレードでは、
全くうまくいかない人はたくさんいます。
多くの人はこのギャップに苦しむことになります。

人間は、恐怖を感じると、
平常時では普通にできていたことが、できなくなってしまいます。
本当にびっくりしてしまうような失敗もしてしまいます。

なので、デモトレードはさっさと卒業して、
なるべく早くリアルなトレードを体験してみましょう!

これは僕の経験からですが、
デモより実際にお金を投じたトレードの方が、
何倍も上達が早いです。
デモとリアルトレードでは、心理的負荷も全然違いますし、
自分の気持ちの張りも全然違いますから。

ただ、リアルトレードにもデメリットがあります。
それは、お察しの通り「お金を失う=痛みを伴う」という事です。
よっぽどの天才じゃない限り、いきなりトレードを始めて、
ずっと稼ぎ続けるのは不可能だと思います。
なので、僕のような凡人は、失敗から学び上達していく
という事を繰り返していきます。
実際にお金を投じて、それを失って、
どこがいけなかったかを考えて、次に生かす。
この繰り返しです。
デモトレードでは、失敗しても痛みを伴わないので、
リアルほど真剣に考えないと思います。

デモトレードは、実際にお金を失う痛みを伴わない分、
心理的に安心安全ですが、その分成長速度は遅くなります。
一方で、リアルトレードは、痛みを伴う分、
成長速度は格段に速くなると思います。

「多少お金を失っても良いので、早くトレードがうまくなりたい!」
という人は、迷わずリアルトレードをやった方が良いかと思います。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す