暴落時にプット売りで収益を上げるための大事な考え方

金曜日のナイトセッションでは、
雇用統計やパウエル発言などで、日経225は急上昇しました。
本日もその流れを引き継いで、20000円超えで終了しました。
僕の保有ポジションも一気に利食いが進み、
おそらくですが金曜の夜だけで50万円ほどの利食いをしました。
1月限に関しては、18750円は下回らないとみて、
今保有しているポジションは全てSQ清算する予定です。
2月限ポジションに関しても、
9万円ほどの含み益と転じましたので、
このまま様子見を継続していきます。
「暴落時にプット売りで収益を上げるための大事な考え方」の続きを読む…

ボラが高い時にプット売りすることが、どれほど有利なことなのか

今日の相場は、ボラが低下し上昇相場となりました。
僕が保持している1月限のプット売りは、
10万円を超える含み益となってきました。
先週の金曜日(SQ日)に50万円の利食いをしたばかりですが、
1月限も順調な出だしとなっています。
「ボラが高い時にプット売りすることが、どれほど有利なことなのか」の続きを読む…

トレードで勝ち続けても不安は常に付きまとう

今日の日経平均は、500円近く上昇しました!
ここ最近の相場は、上下に変動が激しくて、
先物を売買するとなると
かなり難易度の高い相場となっていますが、
オプションになると一気に難易度が下がります。
これも、ボラが上がった時に
かなり遠くに仕掛けられるという優位性が利いていると思います。
これでSQ日の20,000円割れは無くなったので、
明後日には50万円ほどの収益となりそうです。
「トレードで勝ち続けても不安は常に付きまとう」の続きを読む…

適当にトレードしても勝ててしまうのが、オプション売りの厄介なところ

ここ2,3日は上下に振れるものの
終わってみればそれほど下げもせず、上げもせず
といったところでしょうか。
オプショントレードって、
ボラが急上昇した時は、かなり忙しくなりますが、
ここ最近のように落ち着きを取り戻してくると、
かなり暇になってきます(笑)
最近は相場もほどんど見なくなってしまいました。
「適当にトレードしても勝ててしまうのが、オプション売りの厄介なところ」の続きを読む…

暴落時における人間の心理を読み解くことで、収益を上げる事ができる

今日の日経平均も大きく上昇しました。
ボラは思ったほど低下していませんが、
価格上昇のおかげで、
保有しているプット売りの含み益がさらに増えました。
昨日の引け段階で45万円だったのが、
60万円まで増えてきました。
このままSQまで放置すると80万円ほどの利益になるはずですが、
雇用統計や米中間選挙もあるので、
一部はどこかで利食いすると思います。
「暴落時における人間の心理を読み解くことで、収益を上げる事ができる」の続きを読む…

オプションのコツ→「ボラ拡大時にプットを売る」これだけです(笑)

今日は一転ものすごい上げとなりました。
昨夜の米株爆上げで、
ナイトセッションで既に500円近く上げていましたね。
10枚プット売りしていましたが、
すでに4枚利食いとなりました。
もう少し長期戦になるかと思いましたが、
爆上げとボラティリティの低下で一気に含み益が増えました。
「オプションのコツ→「ボラ拡大時にプットを売る」これだけです(笑)」の続きを読む…

今回の暴落で、再び重要なラインに差し掛かってきました

今日の記事では、日経225のチャート分析をしようと思います。
僕は、RSIとかMACDとかそういったインディケーターの類は、
全く使用しないのですが、
チャートはしっかり見るようにしています。
チャートを見ることで、
相場参加者の多くの人が注目しているポイントがわかるからです。
今回の暴落で、再びチャート上の注目ポイントに来ました。
「今回の暴落で、再び重要なラインに差し掛かってきました」の続きを読む…

暴落相場で「売り」で稼ぐのは意外と難しい。

トルコリラの暴落も一息ついて
一旦は落ち着きを取り戻してきました。
トルコリラに限らず、
暴落相場で「売り」で稼ぐのって意外と難しかったりします。
トルコリラが静かに暴落を開始した時は
まだ売りのチャンスはありましたが、
世界中の話題となり、日本のワイドショーでも取り上げられた時点で
下落は終わっていました。
なので、金融市場でホットな話題となった後に、
「売りだー」とショートを打つと戻しでやられたりします。
現に、トルコリラは最安値から4円近くも上昇しています。
「暴落相場で「売り」で稼ぐのは意外と難しい。」の続きを読む…

優位性が無い所での売買は、コイントスの裏表を当てるゲームと同じ

相場はパニックになっている時が一番稼ぎやすい
と言われています。
特にオプションではそれが顕著に表れると思います。
逆に言うと、平常時では稼ぐのはかなり難しいとも言えます。
というのも、みんなが冷静な時というのは、
オプション価格はほぼ理論値通りの値を付け、
そこに何ら優位性は生まれていないからです。
「優位性が無い」という事は、
基本的には勝つ確率、負ける確率がそれぞれ50%に収束し、
稼ぐことは難しくなってきます。
「優位性が無い所での売買は、コイントスの裏表を当てるゲームと同じ」の続きを読む…

オプショントレードはエントリータイミングがずれても問題なし

7月2日の急落から2日経ちまして、
値動きも少し落ち着いてきましたね。
値動きが落ち着いてきたという事は、
ボラも下がっており、一時23%あったボラが、
今日の引けで20%程度まで落ちてきました。

7月2日に6枚売ったプットも、
順調に利益が乗ってきております。

ただ、後から振り返ってみると
プットを売ったタイミングは、全然良くなかったですね。
でも、このタイミングがずれても利益になっていくというのが、
オプション取引の優位性かなとも思います。
「オプショントレードはエントリータイミングがずれても問題なし」の続きを読む…