低ボラ時のネイキッド売りは、たった1回の損失が致命傷になる事も!

昨日の記事では、
クレジットスプレッドのポジションを組むことで、
「損失の増え方がゆっくりになる」
「損失限定となりリスクを低減できる」
といったことを書きました。
正直、僕もオプショントレードを始めた頃は、
ネイキッドの売りをバンバンやってました(笑)
ボラティリティも全く見ていなくて、
常にネイキッドの売りをしていました。
ただ、退場にならずに収益を上げられていたのは、
完全に運でしたね!
「低ボラ時のネイキッド売りは、たった1回の損失が致命傷になる事も!」の続きを読む…

クレジットスプレッドについて、できるだけ簡単に説明してみました

今日の記事では、
「クレジットスプレッド」について書いていこうと思います。
このクレジットスプレッドは、
オプション取引で長く生き残るためには必要な手法だと思っています。
この手法の最大のメリットは、
損失の増え方が非常にゆっくりとしている事です。
ネイキッドの売りは、基本的に損失が無限大となり、
急落や暴騰に対して含み損が急激に増えてしまうデメリットがあります。
「クレジットスプレッドについて、できるだけ簡単に説明してみました」の続きを読む…