景気後退のサイン

相場の検証

景気後退のサインである

「逆イールド」が過去最大レベルまで拡大していますね!

アメリカ10年債と2年債の利回りの差が
70pips程度まで開いています。

通常は、期間が短い方が金利が低いのですが
今は、より長い10年債の利回りの方が低くなっています。

しかもかなり低いです。

この現象が出るとなぜ景気後退のサインなのか?

動画で詳しく解説しています

↓ ↓ ↓

 

【期間限定】3本の動画+αで学ぶ初心者向けオプション講座!

無料オプトレ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US

オプマニ
うつ病で会社をクビになった40代男性です(既婚) 自由に働けない身の中で、投資で経済的自立を図るも、株とFXで大失敗! そんな中オプション取引を知り、その面白さにハマる。 100万円の自己資金を用意し、何とかオプション取引で自立を図るまでの日々の記録をつづります。