5月の月間トレード成績。収益額は自分でコントロールできないと悟る


この記事では、2018年5月のトレードを振り返りたいと思います。
今月のトレードを一言でいうと、
待った甲斐があった!」です。
前半はとにかくチャンスが無かったです(笑)
5月22日まで3回しかエントリーできず、
確定利益も1万円くらいと、
かなり退屈なトレードでしたね。
でも、23日の急落から一気にチャンスが増えました。
急落でインプライドボラティリティが拡大したので、
プット売りを中心に一気に収益が伸びました。
20日間くらいほとんど何もできず、
待つことで結構メンタルは鍛えられました(笑)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


それでは、以下に5月のトレードをまとめました。

良かった点
・IVが低い時は何もせず、待つことができた。
・急落でIVが拡大した場面では、積極的に仕掛ける事ができた。
・資金管理も徹底できた
悪かった点
・退屈なあまり余計なトレードをするところだった^^;

今月は後半に一気に収益が伸びました。
「決済日」の欄を見ると分かるように、
ほとんどが5月22日以降の決済となっています。
これは、自分のトレードルールを貫き通した結果かなと思っています。
僕のトレードルールとしては、「IVが拡大してから仕掛ける」
事が最重要となっています。
そこが崩れてしまうと、建物の土台が崩れてしまうように、
僕のトレードが崩壊してしまいます。

ただ、気持ちが全くブレなかったのかというと
そうでもなく、
上昇局面では、プット売りを仕掛けたくなりました。
というか仕掛ける寸前まで行きました^^;
20日間くらいほぼ何もできないのを経験し、
「待つこと」の難しさを実感しましたね。

トレードしている以上、どうしても
「稼ぎたい」という気持ちが出てしまうので、
何もしないで待つというのは、実は難しいと痛感しました。

ただ、逆に言うと
稼げるかどうかは相場次第で、
自分ではコントロールできない事
と割り切ってしまえば、気持ちも楽になるのかなと思います。

どんなに稼ぎたいと思っても、IVが拡大してくれなければ、
どうしようもありませんし、
そこで無理してトレードしてしまうと、
IVが拡大したときに、一気に持っていかれてしまうので、
「割り切り」は大事かなと思いました。

オプション取引の場合は、
月単位で収益の波が出るのは、仕方がない事ですね。
月単位ではなく、年単位で収益を見ていかなくてはいけないですね。

僕の場合は、月単位の収益をあまりに重視しすぎていたので、
そこは気持ちを切り替えたいと思います。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す