専業トレーダーになったからといって稼げるわけでは無い

専業トレーダー 日常生活とトレードの関係

この記事では、「専業トレーダーは本当に稼げるのか?」
について書いていきたいと思います。

以下の動画では、「専業」「兼業」両方経験した僕の体験談をもとに
お話ししていますので、ぜひご覧ください(^^)/

このブログを読んでくださっている多くの方は、
日中お仕事をされている兼業トレーダーなのかなと思います。
僕も昔、会社で仕事をしながらトレードをしていた頃がありました。

その時は、全く稼げなかったのですが、
何だか分からないですけど、専業トレーダーに対する憧れみたいのはありました!
何となく漠然と「専業トレーダーになったら稼げる!」と思っていましたね。

でも、今専業トレーダーになってみて思う事は、
専業になったからといって、稼ぎやすくなるわけでは無い」と思うようになりました。

なぜそう思うのか?について書いていきたいと思います。

まず専業トレーダーになると「大幅に時間が余ります」
これだけ聞くと毎日仕事に追われている人からするとうらやましいような気がします。
でも、トレーダーにとって時間が余る事は「害」でしかないということが分かりました。

時間が余ると人間はロクな事をしないんですよね(笑)
僕は専業になって最も無駄だったなと思う行為は、
「スマホで損益を逐一チェックする」ことです。

エントリーした後は、気になるんですよねー
で、日中仕事しているわけでもなく、時間はあるので、
何をするかといえば、1分おきにスマホで損益をチェックしてました^^;

でも、損益をチェックしたからと言って、含み益が増えるわけでもなく、
単に暇だからチェックしていただけなんですよね。

で、含み益が増えていたらうれしいですし、
含み損が増えていたらブルーになる
本当にそれだけです。

余った時間をそんなことに使っていました。
で、そうなると判断も鈍るんですよね。
含み益が段々減ってきていると、少しでも利益を確保したくて薄利で利食いしていまったり、、、

これだったら、エントリーした後は、他の仕事をしてポジションの事は忘れてしまった方はよっぽどいいなと思うようになりました。

後は、専業だと「トレードの収入が全て」なので、どうしても収益が気になってしまいます。
他に仕事をしていて、別に収入があるなら大して気にならないようなことも、
他に収入が無いとやはり損益の変動は気になってしまいます。

でも、専業トレーダーになって良かったなと思う事が一つありまして、
それは、時間があるので「トレードスキルを一気に伸ばすことができた
というのがあります。
僕の場合は、会社を辞めて収入がなくなったので、もう崖っぷちの状態でトレードを始めました。
会社を辞めてとりあえず時間はたっぷりありましたので、
それこそ必死にトレードの勉強をしました!
さすがに寝食を忘れて必死にやりましたので、兼業で10年かかるところを一気に1年くらいで駆け抜けたような気がします(笑)

でも、この状態をずっと続けるのはかなり難しいと思います。
ある程度稼げるようになると、やはりモチベーションが継続しませんので、、、
緊張の糸が切れ始めると、先に書いたように「損益が気になりスマホでチェック」
なんてことになってしまいます^^;

なので、僕の経験からですが、専業トレーダーでずっとやって行くのは難しいと思いますが、
1年とか短期間ならトレードスキルを伸ばすためにも良いのではないかと考えています!

-------------------------------------------
毎週記事更新しています(^^)/
このブログを読むと、毎月収益を上げているトレーダーが
どういった思考でトレードをしているのかが分かります。

あなたもこのブログでオプショントレードを学び、 自立した生活を送ってみませんか?

INポイントが付くとすごく励みになりますので
よろしければクリックをお願いします。m(_ _)m
もっと良い記事が書けるように頑張ります!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村