ホントに起きたFOMC後の暴落!含み損拡大もポジション追加


昨日の記事で「FOMCをきっかけに動きそう」
なんて書いたらホントに大相場になりましたねー
とりあえずは書いてみるもんですね(笑)
ただ、暴落でボラが上がってるんですけど、
下落幅の割にボラの上がり方がいまいちな気もしますが、、、
それでも、急落&ボラ拡大という条件がそろったので、
プット売り追加でエントリーしました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


今現在のポジションを以下の表にまとめました。

黄色い印がついているのが、今日追加したポジションです。
とりあえず7枚追加しました。
あと、すでにお気づきかもしれませんが、
含み損が30万円とちょっと多くなっています^^;

ボラ拡大からのプット売りは、
ある程度の含み損は仕方のない事です。

3日前は含み益10万円だったので、
わずか3日で損益が40万円悪化したことになります。

ここで、「あの時利食いしておけば10万円ゲットできたのに~」
という後悔は全く無意味なので、僕はやりません。
(昔はよくやってましたが(笑))

今回はポジションを持ったことで含み損になってしまいましたが、
過去にはポジションをずっと持ったことで、
大きく利益を伸ばしたこともありますので、
1回1回のトレードで、一喜一憂するのは
意味のない事だと思うようになりました。

結局は、トータルで利益が出ていれば、
個々のトレードの結果はある意味どうでも良かったりします。

「トータルで利益が出ていればいい」という気持ちになると、
今回の暴落のように含み損が出ても、そんなに恐怖は生まれません。
恐怖が無ければ、怖くて損切りしたり、
負けを取り返そうと大きなポジションを持ったりしなくなったので、
トータルの損益も劇的に改善してきました。
トータルの損益がよくなるとさらに気持ちに余裕が生まれるので、
さらにおかしなトレードはしなくなります。

なので、トレード結果に一喜一憂しなくなるというのは、
とても大事なことなのかなと思います。

ただ、現実は30万円の含み損なので、
損切りも考えなくてはいけません。
トータルで利益を出すことも大事なのですが、
「退場」だけは何としても避けなくてはいけませんので。

まだ証拠金自体は余裕があるので、
さらに暴落があった場合は、追加でポジションを増す予定ですが、
インザマネーに近いポジションは、損切りしていくことも想定に入れておきます。

とりあえずは、ポジションNO。1ですね。

クレジットスプレッドを組んでいるおかげで、
10月の暴落よりはまだまだ余裕がありますね(笑)
10月の暴落は含み損が100万円位まで行きましたので、、、
ただ、その100万円を絶えたからこそ、最終的には100万円の利益になったと思っています。
(もちろん、むやみやたらに耐えたのではなく、
統計的根拠や相場観を考慮して判断していました)

ただ、今回はそこまでリスクを取る予定はありません。
なので、比較的早めに損切りして、大きな損失を避けることを優先したいと思います。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す