同じことの繰り返しですが、昨夜の急落でプットを売りました


昨夜は、例によって米中貿易摩擦ネタで
アメリカ株が大きく下げました。
中国資本が25%以上の企業を対象に対米投資制限を検討
という報道が、下落を加速させたようです。
で、どんな理由で下落したにせよ、
僕はやることは同じです!

株価急落→IVの上昇→プット売り

昨夜から今朝にかけて、2枚のプット売りが約定しました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ちなみに約定したプット売りは、

  • 7P19250@20円
  • 7P18750@20円

です。
で、これも毎度の事なのですが、
急落後は、株価もある程度底堅さを見せて、
価格も戻していきます。
価格の戻し+IVの下落 でプット価格は急激に値を下げていきます。

今回保有したポジションも、もうすぐ利食いになりそうです。

トレードノートを見返してみたのですが、
プット売りに関しては、2月頃から
ずっと同じことをやっています。

もう聞き飽きたかもしれませんが(笑)
株価急落→IVの上昇→プット売り
です。

しかもこの方法は、ポジションの保有期間がかなり短いです。
ほとんどのポジションの保有期間が1日~2日です。
長くても3日程度です。
つまり、IV拡大からのプット売りは、
短期決戦だという事です。

プット売り(特にネイキッド)は、どうしても心理的に怖い部分もありますので、
短期決戦というのも、メンタル的には良さそうですね。

ただ、この方法にも欠点があって、
爆発力は全く無くて、
小さな利益をコツコツと積み上げていくイメージです。
この方法ってかなり勝率が高いので、
勝負をかけて一気に10枚売りをして
一気に収益を増やすことも可能だと思います。

ただ僕はその方法はやりません。

万が一、失敗した時のダメージがデカすぎるからです。

ネイキッドのプット売り10枚も持った状態で、
想定を超える下落が来たら、死にます^^;
仮にネイキッドの売りを10枚仕掛けるならば、
もっともっとIVが上がった時ですね。
例えば、今年の2月の相場なんて言うのは、
まさしくプット売りのポジションを増やす時ですね!

なので、今回のような急落程度では、
チマチマと利益を積み重ねていくだけかなと思っています。

そう考えると、オプションの売り戦略はかなり地味です(笑)
この地味さとの戦いでもあります。

ポジションを増やせば、
高確率で収益が増えることが分かっていながら、
如何にポジション量を抑えて、コツコツ行くかだと思います。

結局、数年単位で見ていくと、
ポジションを一気に増やした場合は、
必ずどこかで、大暴落に巻き込まれる時が来ます。
いつ来るか分からない大暴落に備えるには、
普段のトレードで、少ないポジションでトレードすることを習慣化
するしかないと思っています。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す