相場に刺激を求めず安心感を求めた結果たどり着いたトレードスタイル


今日は久々に、自分が行ったトレードの話をしたいと思います。
そのトレードとは、
コールのスプレッドポジションを組んだという事です。
今までは、株価急落に備えてプットだけスプレッドを組んでおり、
コールに関してはネイキッドの売りをしていました。
ただそのコール売りも最近追い込まれたりして、
危ないと感じましたので、
ネイキッドの売りはやめることにしました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


それでは、ネイキッドのコール売りをやめた理由を
詳しく書きたいと思います。
コール売りが追い込まれるという事は、
株価が思いのほか上昇した時です。
僕の考えとして、株価の上昇は下落に比べてスピードが遅いので、
先物ミニを買ったりしてヘッジできると思っていました。
ただ、先物ミニのヘッジは思いのほか難しいです(笑)
確かに上昇のスピードは遅いので、対応は可能なんですが、
タイミングが難しいです。
そろそろ反転するかなーとか思っているうちに、
ジワジワと株価が上昇し、いつの間にかコールが追い込まれていました(汗)

追い込まれたポジションは、運良く事なきを得ていますが、
「こんなトレードをしていてはだめだなー」と感じ、
それなら「最初からスプレッドを組んでヘッジポジションを持っておこう」
という考えに至りました。
これならヘッジするタイミングで悩むことも無くなります。

これでコールもプットもスプレッドを組むことになり、
ますます何もやることが無くなります。
ポジションを持ったら後は放置でいいのです。

 

上の図のように、
コールとプット上下でスプレッドを組むことを
別名「アイアン・コンドル」とも言います。

アイアンコンドルは、相場が上下どちらに動いても
「利益限定」「損失限定」がです。
ちなみに図の通り、SQ時に
コールとプットの間に価格があると最大利益になります。
最大損失は、価格がプットより下がるか、
コールより上昇した場合です。
当然ポジションの組み方で最大損失は変わってきますが、
相場がどう動こうとも
利益限定、損失限定なので精神衛生上とても楽なポジションとも言えます。

ポジション量にさえ注意していれば、
最大損失が決まっていますので、慌てる必要がありません。
一方で非常に安心なポジションであるがゆえに、
利益になる場合も非常に地味で、ゆっくりじわじわと増えていきます。
全くなんにも刺激がありません(笑)
要するに、安心を得る代わりに
相場のスリル感を犠牲にしているとも言えます。

アイアンコンドルで「安心感」を得るか、
ネイキッド売りで「スリル感」を得るかは
その人のトレードスタイルにもよるので、
一概には言えませんが、
長く生き残る意味では、あまり刺激を求めない方がいいかと思います。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す