大きな収益を上げた時こそ反省点を見つける


今日は、メチャクチャ上げましたね~
昨日の記事でも書いたように、
当面は急落は無いかなと思っていたのですが、
ここまで上昇するとも思っていませんでした(笑)
そのおかげと言いますか、
ボラは大して下がっていないのですが、
プット売りポジションが一気に利食いとなりました。
23枚のプット売りを持っていましたが、
その内16枚が利食いとなり、51万円の利益を確定できました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


今月の急落で、一気にプット売りまくって、
溜まりに溜まったポジションが23枚もあったのですが、
今日めでたく多くの利益を確定できました。
残りのポジションは、7枚あり、
仮にSQまで持ち込むとすると、
後、24万円の利益を見込めます。

・10月に利食いした分
・今日利食いした分、
・この後見込める利益
を足すと、おそらく100万円以上になるかと思います。

このブログで一貫して書いてきた事ですが、
ボラが急上昇した時は稼ぎ時
というのは、間違いないようです。

ただ、大きな収益を上げるということは、
それだけリスクも負っていたことになります。
21000円を大きく割り込んで、
いったいどこまで下がるんだろう?
という時に、一気にプット売りのポジションを増やしていました。
誰もプット売りを持ちたくない時にあえて持ったからこそ、
大きな収益を得られたことになります。
ただ、どこまでリスクを負うのかというのは、
人それぞれありますので、
今回のやり方が誰にでも当てはまるものでもありません。

僕の場合は、ここは勝負所と判断して、
一気にポジションを持ちましたが、
証拠金自体はまだ余裕を持たせていましたし、
損切りも想定していました。
(実際に、損切り寸前まで行きましたし^^;)

ただ、一番大事なのは心の余裕だと思いました。
急落したからと言って、一気にポジションを持つと、
想定を超える下落が来た時に、一気に損切りになってしまいます。
そういった意味で、ちょっとづつポジションを増やしていくのはかなり重要かと思います。
ポジション量が多すぎて心に余裕が無くなると、
含み損の多さに怖くなって、ボラが拡大した一番ダメなポイントで損切りしてしまいます。

なので、僕は今回の急落でも、
最初は1枚づつポジションを慎重に増やしていきました。
急落が来て一気に稼ぎたいという欲を抑えつつ、
かなり慎重にポジションを増やしていきました。
それでも、想定を超える急落だったため、
結果的にポジションは少し多くなってしまいました。

あと500円下がっていたら、損切りしていたかもしれません。

そういった意味でも、
今回は大きな収益を得られましたが、
ポジションの増し方は、もっと慎重であった方がいいのかなというのが反省点ですね。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


2件のコメント

  • りさ

    こんにちは。楽しく拝見しています。
    暴落の最中にプットを売るのは勇気がいることですが、裸売りより、レシオの方が安全で、証拠金もかからないのではないでしょうか?
    あと、平時はどんなポジションが良いと思われますか?

  • オプマニ

    コメントありがとうございますm(_ _)m
    ご指摘の通り、レシオスプレッドの方が、
    安全で証拠金はかかりませんね。
    ただ、安全な分、得られる利益も少なくなってしまうので、
    今回の暴落は、多少リスクを取ってでも得られる利益が多くなる裸売りを採用しました。
    このあたりの作戦は、どっちが良いのかというよりも
    「どっちが自分に合っているか」が大事かなと思っております。
    オプションで勝てるかどうかは、メンタルが99.9%を占めていると思いますので、
    恐怖を感じたまま裸売りをするよりも、
    得られる利益は減っても安全策を取った方が良いかもしれませんね。

    あと、平常時は裸売りはめったにやりません。
    ボラが極端に低い場合はポジションを持たないこともありますし、
    持ったとしてもスプレッドポジションで安全策をとります。

コメントを残す