ボラが収縮に向かうと思いきや、予想外の下落が起こりチャンスとなる


昨日の記事で、「新たにプット売りする場合は、もう一段の下落があった時
って書きましたが、
600円を超える下げが翌日にやってくるとは思いませんでした(笑)
宣言通り、プット売りを追加させていただきました( ̄ー ̄)bグッ!
ただ、先週のような、超安全なポジションはさすがに取れませんでしたので、
多少のリスクを負ってプット売りをしました。

正直言って「もうボラが拡大するような下落は無いかな」
と思っていましたので、
ポジションもほとんどクローズしていたのですが、
思わぬチャンスがやってきました。

追加したポジションは、
11月限の19,000円台のプット売り(ネイキッド)を3枚と、
12月限の18750円のプット売り(クレジットスプレッド)を1組です。

先日の暴落で、相場が次の暴落に警戒心を持っていたためか、
ボラの上昇も下落の割にはそれほどでもありませんでした。
価格自体は先週の安値を抜いてきているのですが、
ボラティリティは、先週の高値を抜いていません。

そんな状況なので、
さすがに、先週のように何も考えずにひたすらプット売り
というわけにはいきませんでした。
また、11月限のSQまで13営業日を残し、
権利行使価格が19000円台なので、
多分大丈夫だと思うのですが、
絶対に大丈夫というレベルでもありません。

過去の統計によると、
IN確率は3%程度なので多少のリスクはあると思っています。
なので、先週のようにネイキッド売りを同時に10枚保有する
というようなリスクは負えないですね。。。
現時点で11月限のプットは5枚保有しています。

ポジション量は一律に考えるのではなく、
ボラティリティ、SQまでの日数、権利行使価格との差
等を考え、リスクに応じて調整するのが良いと考えています。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

コメントを残す