下げそうで下げない日経に違和感を感じてショートから中立に方針変更


今日の日経は寄り付きこそ高値で始まったものの、
徐々に値を下げていき一時的にマイナスとなる動きとなりました。
昨日、ダマシが発生という記事を書きましたが、
思ったより下げてないですね^^;
個人的にはもっと下げるかと思いましたが、、、
円高が進んでいるにも関わらず思ったように日経が下げないので、
ショート寄りだったポジションを中立に変更しました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


昨日、ダマシが発生してもう一段下げるという記事を書きましたが、
僕が思っていたよりも日経は下げなかったですね(汗)
ここは潔く自分の考えが違っていたことを認めて、
コール売りを1枚利食いをして、
新たにプット売り1枚を建てました。
(2C25250 @21円→10円)
これでデルタはほぼゼロとなり中立ポジションとなりました。

11月9日の高値(23,420円)をブレイクした後は、
もみ合い相場となっていますが、
どちらかというと上昇よりのもみ合い相場という事で、
方針を変更しました。

 

コール売りをした根拠が、「円高にもかかわらず日経が上昇している」
という事だったので、
円高が解消されていない以上、方針を変える必要はないのかもしれませんが、
自分の想定していた動きになっていないため
違和感を感じて中立ポジションに変更しました。

「違和感」というと抽象的でつかみどころがない感じですが、
僕は結構重要視しています。
以前はチャートパターンやインディケーターなと分かりやすい部分を追及していましたが、
今は、感覚的な部分(相場のメッセージ)を大事にしています。

RSIとかボリンジャーバンドとか、
そういったインディケーターはあまり使用していません。
何度かこのサイトでチャート分析をご紹介していますが、
かなりシンプルなチャートだと思います(笑)

基本的には、チャート上に線を引いて相場の圧力を感じています。
今は、上に圧力がかかているのか、下に圧力がかかっているのか、
はたまた上下からの板挟み状態なのか、、、

以前はたくさんインディケーターをチャートに表示していたのですが、
ひとつひとつインディケーターを外していくとあることに気付きました。
それは、余計な情報がないほどチャートをシンプルに見ることができる
という事です。

色んな情報がありすぎるとかえって判断が鈍ってしまいます。

個人的にはインディケーター自体を否定しているわけではなく、
自分の相場に対する判断を補足するものなのかなと思います。

自分が上げると思っている時に、インディケーターが上げを示していれば買う、
下げると思ってる時にインディケーターが下げを示していれば売るという事です。

インディケーターが買いを示しているから買うというような、
インディケーターが主体ではないという事です。

 

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


2件のコメント

  • きよえもん

    相変わらず、上手く立ち回っていますね。さすがです。

    多くの指標を捨てて、シンプルに判断するのは、その通りだと思います。

    私なんか、これでも絞ったつもりですが、まだまだ多いです。

    移動平均線、ボリンジャー・バンド、一目均衡表、ADX、一応この4つです。
    しかし、それぞれ、週足・日足・4時間足と見ていますから、さすがにどれが本物かわけわからんくなります(笑)。

    ※相場ですが、買い目線の私としては、先日の24100円超えはガッツポーズで、ポジションの含み益にテンションが上がりましたが、
    その後の思わぬ急落で含み益は逆に含み損と変化して、引けの時点では僅かながら含み益に回復と、天国と地獄を見ました。

    それでも、ポジションは全く動かすことなく相場の為すがままに任せています。

    ちなみに、24100円超えの時にC売りを仕掛けるか悩んだのですが、怖くてムリでした。
    あそこは、今思うと絶好のタイミングでした。自分のトレード・ルールの見直しをしました。

    ※貴殿の本日の記事で「想定外の強さ」とコメントしていますが、超強気の私としては、「想定外の弱さ」です(笑)。
    ただ、過去に自分の相場観の固執しすぎて何度も失敗していますので、判断は柔軟にしなければと思います。

    • オプマニ

      こんばんは。
      いつもコメントありがとうございます。

      同じチャートを見ているのに「強気派」「弱気派」で
      全く逆に見えてしまうので不思議ですよね。

      僕の場合は、自分の持っているポジションに予想が左右される傾向にあります。
      今は、「いかに無心でチャートを見るか」
      「もし逆のポジションを持っていたらどう予想するか」を意識しています。

      僕も過去に、自分の考えに固執しすぎて何度も泣きを見ているので
      気を付けていきたいと思います。

コメントを残す