またもややってしまった( ̄□ ̄;)相変わらず待てずのエントリー


今日は久々にやってしまいましたね(泣)
せっかくコール売りが利食いになったんですが、
ほとんど待てずに他のコール売りに乗り換えてしまいました。
待たずに持ったポジションは、
日経の急上昇に合わせて含み損となっています^^;

スポンサーリンク


スポンサーリンク


今朝の記事に書きましたように、
円高トレンドが終わって、
日経が上がるような気がしていたんですよ。
レジスタンスを超えたらヘッジの準備もしないといけないと考えていました。

そんな中、日経は午前中下げて非常に運よくコールが利食いとなったんですよ!
ホントに運良くです。
12C23625 の売り指値を8円に指していたんですが、
14時ころ8円で約定したとたん急上昇していき、
一時的に30円まで値上がりしました(汗)
スレスレで約定した感じです。
1円でもずれてたら利食いできませんでした。

ちなみに8円は本日最安値でした。

こんなに幸運だったのに、利食いで終わったとたん次のコール売りを探していました。
そして、すぐさま12C23500に売りポジションを乗り換えてしまいました!
利食いから次のポジションを持つまでわずか15分(笑)

全然待てなかったのもいけない事ですが、
22,770円のレジスタンスを超えたら伸びて行くって自分でも考えていたのに、
そのレジスタンスの突破を待てずにエントリーしてしまった事です。

せめてエントリーするなら、
レジスタンスで止められていることを確認するか、
レジスタンスを突破して勢い良く伸びたところを逆張り的にエントリーするかだったと思います。

レジスタンスを突破するかどうか一番微妙なところでエントリーしてしまいました。
せっかく自分のシナリオ通りの展開になったのに、
失敗している俺って、、、、

レジスタンス突破でさらなる上昇?

 

待てない病は、やはり「稼ぎたい気持ち」がまだまだ強いから発病してしまうと思います。

本来であれば、エントリーできなくてもいいんですよ。
それなのに、「今がチャンス」とばかりに慌ててエントリーしてしまいました。
チャンスなんて今を逃しても、後からいくらでも出てくるのに。

あまり自分の失敗は書きたくないですが、
悪いところを明確にしてそれを正すことで
トレードは上達していくのであえて書きました(笑)

今は稼ぐ時ではなくて、トレードの練習をしている期間であり、
利益よりも資金を減らさないことに注力していかなくてはいけません。

以後、待てない病が出ないよう自分を戒めていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m
もしよろしければ、以下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


2件のコメント

  • きよえもん

    はじめまして。ブログの記事は全て拝見しました。大変素晴らしい相場に関する知識や経験に感服してしまいました。
    相場観、チャート分析、資金管理など一流です。過去の失敗体験を活かして、再チャレンジしている様子が伝わります。

    ブログを読んでいて、私自身の知識や経験を体感しているような錯覚を覚えました。
    私は、貴殿より一回りぐらい年上の50代です。相場歴は30年以上。過去の累損は軽く3000万円を超えます(涙)。
    また10年ぐらい前に、私もウツ病となり、寛解はしましたが未だに精神科に通院しています。

    相場に関しては、現物→信用→225先物→「オプション売り」と順調に損失を重ねながらリスクの高いものへと変遷しています。(ーー;)

    オプション売りに関しては、いわゆる「ショート・ストラングル」はNGです。過去何度も大敗と追証の嵐と酷い目に会いました。
    基本は月に2~3回のチャンスを待っての逆張りです。相場が高く伸び切ったところでの「コール売り」、下げきったところでの「プット売り」です。

    チャート分析は、週足→日足→4H足などを中心に、移動平均線(5-9-25)、ボリンジャー・バンド(21)、ADX(14)などを参考にしています。

    ずいぶん偉そうですが、現実のトレードは失敗ばかりです。225先物は、ウツ後遺症の私には感情に任せて狂ったようなトレードになってしまうので絶対にNGと固く誓ってますが、気がつくとポジションを持っていますw

    特に、「待てない病」なら誰にも負けませんww

    オプション売りは、タイムディケイの優位性がある反面、損失無限大のリスクがあります。私は総資金の5%でLCすることにしています(一応)。
    オプション売りが最も稼げる場面は相場が膠着状態の時(日足ボリンジャー・バンドのスクイーズ=バンド幅が狭くなっている時)です。今年の6月から8月の時は最も稼げました。

    逆に、過去最も損失を出しているのが、意外にもプット売りではなくコール売りです。長期にわたる長い上昇相場を安易な気持ちで何度もコール売り&LCの連続で大概失敗しています。
    今年の10月は相当な打撃でした。もちろん、今年も損失です。オプション売りは勝っていますが、先物の損失が大きいのです。

    <現時点のポジション>

    ・21000Pの売り  12円✕15枚 (含み損益 +10万円)
    ・22125Pの売り  43円✕3枚 (含み損益 +3万円)
    ・23875cの売り  13円✕10枚 (含み損益 +0万円)

    ●最後に一言、相場に出合わなければ、私の人生はモット豊かで幸福だったと思います。相場に出会ってしまったが故に、失ったお金と時間は計り知れません。それでも、相場が止められない・・・。

    ※また寄ります。ランキングも押しておきます。コールの売りは痛いですね。理論価格では23000円は超えないはずなのですが・・・。

     

    • オプマニ

      きよえもんさん
      コメントを頂き、そして応援クリック大変ありがとうございます。

      相場歴の長い方からのコメント大変貴重に感じております。
      僕自身、FX歴は長いのですが、オプション歴は1か月くらいと
      まだまだ勉強中の身です。

      オプションコール売りの損失のお話は特に参考になりました。
      僕は何となくイメージでプット売りは怖いと感じていましたが、
      コール売りにはそれほど警戒感を持っていませんでした。

      でも、確かにプット売りは下落の恐怖感から損切りすることができるかもしれませんが、
      ジワジワと上がる相場に対しては、損切りのタイミングがつかめなかったりします。
      考える時間があるだけに「反転する理由」を探してしまいます。
      FXで痛い思いを何度もしました(笑)

      同じうつ病経験者として、トレードで頑張っていきたいですね。
      相場歴30年はホントにすごいと思います。
      インターネットがない時代からですよね。
      一つの事を情熱をもってそれだけ長く続けたことがないので、
      うらやましく思えます。

      このブログでは、とにかく自分の失敗はすべてさらけ出そうと思って書いています。
      失敗を公開することで、自分の行動を正していきたいと思っています。
      僕は失敗の数なら誰にも負けてないと思っていますので、
      記事のネタには当分困らないと思います(笑)

      このブログを読んでくださる方にとって
      同じ失敗をしないための助けとなるなら、
      こんなに嬉しい事はありません。

      それでは、またお時間のある時にご訪問頂ければ幸いです。

コメントを残す