SQ日間近の取引はリスクが高い?SQ直前の取引について考えた


今日は、SQ清算値が出るのを待ってブログの更新しました。
自分の持っているポジションがどうなるかっていうのも気になりましたし(笑)

あと、この記事ではSQ日が近くなるにつれてのリスクについて
僕の思うところを書いてみました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


2017年12月限のSQ暫定値は22,590.66円となりました。
僕の持っていたポジションも無事に権利消滅となりました。

◎SQ持ち越しポジション
12P21500 @22円 → 0円(権利消滅)
12C22750 @9円 → 0円(権利消滅)

ファーストリテイリングと日経先物の板情報を表示していたのですが、
すさまじい取引でしたね!
MSQをリアルタイムで見るという貴重な経験をさせていただきました。
8:50分頃に22,650円をつけていたのですが、
9:00になった瞬間100円くらい押しました(驚)

 

さて先月と今月、SQ日間際のトレードを経験したのですが、
僕的にはリスクが高いと感じました。

とにかく、ATMから離れた権利行使価格が安いのです。
タイムディケイでSQに向かって価値は減衰しますので、
当然と言えば当然なんですが、、、、

SQ日前日なんて、300円しか価格差がないのにプット価格10円以下でした(笑)
それでも、日経は下落傾向にあると思いプットを売ったのですが、
急上昇してハラハラドキドキ^^;

SQ前にガッツリ稼ぐ人もいるんでしょうけど、
僕にとってはチョット割に合わないなーと感じています。

SQ前日の15:15に引けてから、一切取引ができないっていうのももどかしいですね。
僕なんて日経先物の価格が気になって、
夜中に目が覚めた時にスマホで確認してしまいました(汗)

まぁ逆に言えばリスクが高いってことは、リターンもそれなりに期待できるんですけどね。
やはり、タイムディケイによる価格の減少速度は速いです!
上手くトレンドに沿ったポジションを持つと、
あっという間に0円に近づいてくれますから。

僕のトレードを見直してみたんですが、SQに近づくにつれて利益が増えていますね!
これは今知りました(笑)
やはり、リスクが高いなーと思っている所にリターンはあるようです。

こうなるとSQ前に一切トレードをしなくなると、
収益の面でチャンスを逃すことになりますし、
ただ、過剰なトレードをするとそのリスクで大きな損を被ってしまいそうです。
(特にSQ前日は運の要素も強くなります)

ということで、昨日のように上下に大きく振れている日は、
トレードしないという選択肢もありだなと感じました。
中東情勢悪化で荒れる兆候は出ていましたから。
少なくとも「SQ清算は避ける」といったトレードルールを確立していく必要はありそうです。

ちなみに、今日はトレードを休む日にしました。
今夜は雇用統計の発表もありますし、無理して今日から始めなくても
来週の月曜日から始めても遅くはないと思います。

「トレードをしない」っていうのも立派なトレードの訓練ですから^^

 

最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m
もしよろしければ、以下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す