トレードにおいて「後悔」は百害あって一利なし


今日の日経平均も、思った以上に上昇しました。
これは最近の相場の特徴ですが、
悪いニュースが出て大きく下げても、
結局は戻す展開が多いですね。
先日ネイキッドのプット売りをしましたが、
ここ最近の上昇であっさり利食いとなりました。
僕はさらなる下落も想定して、
ポジションはかなり控えめだったので、
利益はわずかですが、感謝して受け取りたいと思います。
ここで考えていけないのは、
「なんでもっとポジションを持っておかなかったんだろう。
もっと稼げたのに!」
といった感情です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


相場でトレードをしていると、色んな「後悔」が生まれてきます。

「もっとたくさんポジションを持っておけばよかった」
「あの時、利食いしておけばよかった」
「あの時エントリーしていたら、今頃○○万円の利益だったのに」
「なんでナンピンしたんだろう。バカだな俺!」

これらは、僕が昔よく後悔していた事です(笑)

でも、相場において「後悔は百害あって一利なし」だと思います。
例えば、「あの時利食いしておけば良かった」というのも
場当たり的な感情で、何も将来にとっていいことはありません。
利食いしないで長く持つことで、別のトレードでは、
大きな利益をもたらすこともあるからです。
たまたま、その時のトレードでは利食いした方が良かっただけで、
長い目で見ると、どっちでもいいんですよね。

むしろ、「利益を伸ばすためにポジションを長く持つ」
というルールを守れた自分を褒めてあげても良いくらいです(笑)

つまり、後悔したところで、自分のトレードスキルが上がるわけでもなく、
セルフイメージを下げるだけで、
「自分はトレードが下手な人間だ」という意識を強化してしまいます。

後悔すればするほど、失敗した事例が頭にこびりついてしまって、
ルールを守れなくなってしまいます。
「あの時、利食いに失敗したから、今回は早めに利食っとこ」
というのは、その場ではいいかもしれませんが、
将来的には、ドンドン利益の幅が小さくなっていきます。

ということで、今回僕がプット売りを1枚しか利食いできませんでしたが、
正直、もっと売っておけば良かったという「後悔」は全くないですね!
これは強がりではありません(笑)

むしろ、ルールを破ってプット売りをたくさん持って、
たくさん稼いでいたら危ないところだったと思っています。

「プットを売りまくってたくさん稼いだ」という意識が脳に残ることで、
次の急落でも、ルールを破ってプットをたくさん売ってしまうでしょう。
そんな時に、想定以上の急落が来たら、
一発退場もあり得ます。
コロンビアの選手のように開始3分で退場というように、
退場は思わぬところでやってきます^^

まとめますと、
相場において、
「あの時○○しておけば良かった」
と後悔するのは、全く意味がないという事です。
むしろルールをきちんと守れた自分を褒めてあげましょう!
それが相場で長く生きる秘訣の一つだと信じています。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す