今回の暴落をボラティリティのチャートで振り返ると重要な事実が判明


今回起こった暴落を
インプライドボラティリティのチャートで振り返り、
今後のトレードに活かしていきたいと思います。
ボラが歴史的な低水準だったところから
いきなり跳ね上がったわけですから、
それなりの損失となってしまった方も多いと思います。
(僕もそのうちの一人です^^;)
そんな過ちを次に起こさないためにも振り返ってみましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


以下に、今回の暴落時の
インプライドボラティリティのチャートを示します。

このチャートを見て分かったことは、
暴落時に仕掛けたオプション売りの損益は
プラスになっているという事です。

ボラティリティが跳ね上がった時はオプション売りのチャンス
というのは今回のデータで一応証明されました。

ではなぜトータルで損失が出てしまったのかと言うと、
暴落前に売ったプット1枚が、
暴落時の利益を全て吹っ飛ばし、さらに20万円ほど赤字となったからです。

ボラティリティのチャートを見ると
利益になったポジションは、
我ながら良いところで売っているなーと思います(笑)
でも、たった一枚プット売りで、
全てを帳消しにしてしまったのです^^;

という事で、ここからは
このチャートから学べることを書いていきたいと思います。

まず、ボラが低い時は、売りのポジションを持たないか、
きわめて小さいポジションにしておくのがいいかと思います。
ただ、ネイキッドのプット売りは
例え1枚でも危険だという事がわかりました。
実際、僕は1枚の損失が30万円になってしまいましたから、、、

ではどうすればいいのかと言うと、
ボラが跳ね上がった時に、素早く損切りするのが一番ですね。
それか、あらかじめ損切り注文を入れておくのがいいでしょう。

日経225ミニを売ってヘッジするのもいいのですが、
今回はダウの急落から日経の暴落が始まったので、
対応が遅れてしまいました。
今回は日経225ミニを大量に売って何とかプラスに持っていきましたが、
これはチョット危なっかしいので、あまりやらないようにしたいと思います。

あと、もう一つの対応策として
スプレッドポジションを組むという事です。
例えば、プットを売った場合さらにアウト・オブ・ザ・マネーのプットを買って
損失を限定する方法です。
この方法を使うと、ネイキッドの売りより利益は減りますが、
損失を限定することができます。
これを今後試していこうと思います。

スプレッドポジションに関しては、
別途詳しく書いていきたいと思います。
これによって、今回のような真夜中の急落に
ある程度対応できるのではないかと思います。

それでは、この記事の内容をまとめます。

ボラ急騰から得た事
  • ボラが跳ね上がった時のオプション売りはチャンスである
  • ボラが低い時のネイキッドの売りは危険である
  • スプレッドポジションを組むことで損失を限定することができる

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


2件のコメント

  • sankitimonkiti

    ボラが跳ね上がった時に、素早く損切り、または、あらかじめ損切り注文を入れておくという手法は、サーキットブレーカーが発動されて、取引再開時には、とんでもない高値になってしまっているという事例に対して無力です。非常事態に破産しないようにするためには、スプレッドを組むのが一番ではないでしょうか。

    • オプマニ

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りですね。
      また、サーキットブレーカーまで行かないにしても、
      非常に薄い板の時に損切り注文すると、
      かなり不利な価格で約定する可能性があります。

      という事で、今後はスプレッドポジションを色々検討していこうと思います。

コメントを残す