暴落でも利益を得るために、バックスプレッドをやってみた!

暴落でも利益 取引ルール

今日は、日経225オプションで新しい戦略をやってみたので、
その内容について書いていきたいと思います。
新たな戦略とは、「バックスプレッド」です。

もしバックスプレッドがどんな戦略なのか分からない場合は、
以下の動画をご覧ください!
パワーポイントで分かりやすく説明しています(^^)/

このプットのバックスプレッドは、暴落でも利益を得ることができます。
ネイキッド売りやクレジットスプレッドでは、
上昇、横ばい、少しの下落で利益を得ることができましたが、
このプットのバックスプレッドは、さらに暴落でも利益を得ることができます!

じゃぁどんな時に損失になるのかというと、
ボラがあまり拡大せずにじりじりと下げてきて、
21000円を割ってくる時です。

どうせ下げるなら大きく下げてくれた方が、
このバックスプレッドでは大きな利益になります。
中途半端な下落がこの戦略の弱点となります。

最近の相場分析から、このバックスプレッドのポジションが適しているのではないか?
という事で、実験的にやってみることにしました。

最近の明確な上昇相場では、プット売りが有利なのは明白です。
でも、プット売りの最大の欠点は暴落です。
特にネイキッド売りは、一発退場になってしまいます。

また、昨今のこのバブリーな相場は、
いつはじけてもおかしくない状況が続いています。

日米欧の中央銀行は、こぞって金融緩和をしていますし、
アメリカはさらなる金融緩和の余地を残しています。
明らかに過剰流動性相場で、余った金が相場に流れ込んでいます。

ただバブルはいずれはじけてしまうのは明白です。
この上昇相場も100%終わりが来ます!
でもその終わりがいつか分からないから、苦労するんですが、、、

という事で、いずれ来る暴落に対処するために、
実験的にバックスプレッドのポジションを持ってみる事にしました。

基本的に上げ相場なので、利益が得られますし、
いつ来るか分からない暴落にも対処することができています。

この方法でコツコツと利益を積み重ねていけるかどうか
検証していきたいと思います。

もしこの方法がうまう行けば、
今のような上昇相場で比較的ボラが低い時でも、
プット売りをすることができると考えています。
そうなると、日経225オプションもさらに投資のチャンスが広がると考えています。

今のところは机上の計算なので、
実際にやってみて、気付いた点はこのブログで随時公開していこうと思います(^^)/

INポイントが付くとすごく励みになりますので
よろしければクリックをお願いします。m(_ _)m
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村