IB証券でオプションをやるメリット・デメリット

IB証券メリットデメリット 個別株オプション(IB証券)

この記事では、IB証券でオプショントレードをやるメリット・デメリットについて書きたいと思います。
IB証券はアメリカの証券会社ですので、
知らない人からすると「なぜわざわざアメリカの証券会社を使うのか?」という事ですよね。
SBI証券や楽天証券ではダメなのか?という事なのですが、
IB証券にもきちんとメリットはあるのです(^^)/

以下の動画で、IB証券でオプショントレードをやるメリット・デメリットについて
簡潔にまとめていますので、ぜひご覧ください(^^)/

IB証券でオプションをやるメリット

IB証券でオプションをやる一番のメリットは、
オプショントレードをやれる銘柄数が多い
ことです。
IB証券では3000銘柄以上に対してオプショントレードができます。
アマゾンやアップルといった個別株以外にも、為替、ETF(金、原油など)
様々な銘柄に対してオプショントレードができるのです。

ちなみに日本の証券会社では、事実上日経225オプション1銘柄だけです。

銘柄数が多いとそれだけチャンスが増えます!
オプションはボラティリティが上昇した時にトレードすると
非常に有利なポジションを持てるのですが、
監視する銘柄が多いと、大抵どれかはボラが上がっていて
チャンス銘柄を見つけることができます。

それが、監視銘柄が日経225だけだとどうしてもチャンスは少なくなってしまいます。
ボラが低い時などは基本的にトレードしない方が良いのですが、
対象銘柄が日経225しかないと、何とか稼ごうと無理やりトレードしようとして、
本来やるべきではない場面でもトレードしてしまいがちです。

このようにIB証券では、銘柄数が多いのでチャンス銘柄をそれだけ見つけやすく、
ムリなトレードをせずにコツコツ資産を積み上げられるメリットがあります。

もうひとつIB証券のメリットを挙げると、
1ポジション当たりのリスクが小さい
という事があります。

いわゆるポジションにかかるレバレッジの違いなのですが、
日経225だと1000倍ですが、IB証券だと100倍なのです。

これがどう影響するのかと言いますと、
日経225オプションでは、
22000円(日経平均株価)×1000(レバレッジ) =2200万円
となり、2000万円以上の商品の権利を売買している事になります。
(日経平均株価が22000円と仮定)

一方でIB証券では、例としてFB(フェイスブック)の株を例に説明すると
250ドル(FBの株価)×100(レバレッジ)=25000ドル≒265万円
となります。

つまり日経225オプションでは2200万円に対して、
IB証券のフェイスブックでは265万円と、1ポジション当たりのリスクが大きく抑えられるのです。

これは、実は初心者にとっては大きなメリットで、
日経225オプションはポジション当たりのリスクが大きすぎるのです。

ポジションのリスクが小さいという事は、それだけ退場リスクが小さいという事です。
オプショントレードは初心者がいきなり継続的に収益を上げ続けるのは難しいです。
(これは、オプションに限った事では無く、投資全般に言えますが、、、)

つまり、いきなり225オプションで過剰なリスクを取るよりは、
IB証券の個別株オプションでリスクを抑え、オプションの経験を積むことに意識を向ければ、
退場することなくオプショントレードを継続できますし、
経験やノウハウが蓄積され、それが収益を上げる秘訣だったりもします。

リスクが小さいという事は、それだけリターンも小さいですが、
最初のうちは利益を追い求めず、経験を積んでいけば
結果的にそれが長期的に利益を積み重ねる事になります。

コロナ暴落で利益を上げた事例

最近では、コロナ暴落が起こりましたが、
日経225オプションをやっている初心者は、リスクを過剰に取り過ぎて
退場してしまった方も多いです。
でもIB証券では、損失になったとしても、それは再起不能なレベルでは無く、
またやり直しが可能なレベルです。

さらに、上手く暴落を乗り切りさえすれば、コロナ暴落で収益を上げる事も可能だったのです。

僕がコロナ暴落で実際にトレードした事例を動画でご紹介します。

オプショントレードは暴落でボラティリティが上昇すると、
それは大きなチャンスとなるわけですが、
実際にどうやってトレードしたのかをご紹介します。

とはいってもそんなに難しい事をやっているわけでは無く、
・ボラティリティの確認
・チャートの確認
・注文を出す
といったごく簡単なものです。

このようにIB証券でオプションをやるとなると、すごく難しいイメージを持つかもしれませんが、
動画でご紹介したようにやり方を覚えてしまえば、すごく簡単なものなのです。

もしIB証券でオプショントレードを始めたいと思った方は、
以下の記事をご覧ください(^^)/
口座開設方法、入金など、初心者でもIB証券で取引が始められるよう、詳しく解説しています。

パソコンでの開設手順

IB証券口座開設方法まとめ(どこよりも詳しく解説!)

IB証券でオプションをやるデメリット

実際IB証券でオプショントレードをやるデメリットとして、
・IB証券の情報が少ない
・IB証券のツールが使いにくい
というのがあります。

実際、僕も情報が少なくてとても苦労しましたし、
ツールもプロ向けの仕様のため、機能が盛りだくさんで
初心者にとっては使いにくいというのも事実です。

でも上の動画にあるように一度使い方を覚えてしまえば、
実はそれほど難しいものでは無く、まあ「慣れ」の問題かなと思います。

また、このブログやyoutube動画では、定期的にIB証券の使い方なども発信していますし、
時々ですがクローズドでコミュニティメンバーを募集しており、
そのコミュニティ内でIB証券の使い方を僕が教えています。
ちょっと宣伝させて頂きました(笑)

僕の場合は、まわりに誰も知っている人がいなかったので、一人でやりました。
そして、きちんと使い方をマスターするまでに数カ月の時間を要しました。
しかも1日何時間も時間を使って割と本気でやってこれくらいかかってしまいました^^;
したがって、ツールの使い方は、自分一人でやるよりも
誰かに教えてもらった方が圧倒的に時間短縮になります。

もう一つのメリット。為替オプション

最後に、Ib証券でオプショントレードをやるもう一つのメリットをご紹介します。

それは、為替オプションです。

為替のトレードと言えば、FXを思い浮かべると思いますが、
そのオプショントレードをIB証券ではやることができるのです。

基本的には個別株オプションと為替オプションは同じようにトレードしていけば良いのですが、
大きな違いもあります。
それは、為替オプションは、ボラティリティをあまり参考にしないという点です。

個別株オプションでは、オプション=ボラティリティの売買
と説明し、ボラは最重要項目として説明してきましたが、
為替においては、ボラティリティが上昇することはあまりありません。
(コロナ暴落のように滅多に起こらないパニック相場では、ボラは上昇しました)

これは、通貨には基本的に上下というものは無いからですね。
株の場合だと下落でパニックというのがあるのですが、
通貨ペアの場合だと、上下の意識が少ないのでボラもあまり上昇しません。

そこで何を重要視すれば良いのかというと、
「トレンドが出切った後の逆張り」です。

為替オプションの具体的手法

具体的な手法は以下の動画で解説しています。
実際僕はこれで95%以上の勝率を出しています!

詳細の説明は動画に譲りますが、基本的に「待つ」事が重要です。
これは稼ぎたい気持ちが強すぎると、ついついポジションを持ちたくなり、
早めにエントリーしてしまいますが、この手法は待つ事に優位性があります。

待てば待つほどそれだけ有利な位置でエントリーできますし、
さらにオプションで遠い権利行使価格にエントリーできますので、
必然的に勝率は高くなります。

ただ、為替オプションは勝率は高いのですが、
個別株以上に分かりにくい部分があるのがデメリットとなります。

まずは、通貨ペアごとに扱う単位数が異なり、
すぐには最大利益や最大損失が分からないという点です。

個別株オプションのように扱う単位数が「100」のように分かりやすければ計算しやすいのですが、
扱う単位が通貨ごとにまちまちです。

為替オプションの取引単位
・ドル円(円ドル):12500000
・ユーロドル:125000
・ポンドドル:62500
・豪ドル:100000

このように通貨で全く異なりますし、桁もちがうので、
パッと最大利益が算出できなかったりします。

さらに、我々になじみの深いドル円は、
IB証券では「円ドル」になります。
ドル円だと「1ドルあたり〇円」といった表現ですが、
円ドルだと「1円あたり△ドル」という表現になり、
全ては逆になります。
チャートも上下さかさまですし、コールとプットもドル円と逆です。
これでかなり混乱してしまうのです(笑)

ただ、以下の動画ではこれらの混乱をどうやって克服して為替オプションをやっているのか?
について詳しく解説しています。
勝率の高い為替オプションを始めたいという方は、ぜひ参考にしてみてください

動画でご紹介しています通り、上記の混乱の原因はエクセルシートを使う事で、
大幅に低減させることができます。

為替オプションも最初はすごく分かりにくい面があるのですが、
エクセルシートで工夫することで、今ではストレスなく簡単に発注することができます!

それでは、IB証券でオプショントレードをやるメリット・デメリットをまとめてみました。

IB証券でオプションをやるメリット
・銘柄数が多く取引チャンスが多い
・レバレッジが低く退場リスクが小さい
・勝率の高い為替オプションができる
IB証券でオプションをやるデメリット
・IB証券の情報が少ない
・IB証券のツールが使いにくい
・為替オプションのルールが複雑

IB証券でのトレードのやり方を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください(^^)/
銘柄選定や発注のやり方までかなり詳しく解説しています。
この記事の手順をきちんと実行することで、初心者でもIB証券を使いこなせるようになると思います!

インタラクティブ・ブローカーズ

IB証券使い方まとめ(銘柄選定から発注まで)

-------------------------------------------
毎週記事更新しています(^^)/
このブログを読むと、毎月収益を上げているトレーダーが
どういった思考でトレードをしているのかが分かります。

あなたもこのブログでオプショントレードを学び、 自立した生活を送ってみませんか?

INポイントが付くとすごく励みになりますので
よろしければクリックをお願いします。m(_ _)m
もっと良い記事が書けるように頑張ります!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村