アメリカの個別株オプションの方が個人投資家に優しい

米国個別株オプション 個別株オプション(IB証券)

日経225オプションというのは、
僕は素晴らしい投資法だと思うのですが、
やはり初心者にとってはチョット厳しいかなと思わざるを得ません。

理由は色々あるのですが、
一番大きいのはレバレッジが効きすぎている
という事です。
1枚に1000倍のレバレッジが効いているのは
チョット大きすぎるなと思っています。
(ちなみにアメリカ個別株オプションは100倍です。)

オプション売り戦略で遠くの権利行使価格を売っていると、
気付きにくいのですが、
逆行して原資産価格が権利行使価格に近づいてくると、
急激に含み損が増えてしまいます。

今の日経平均は約24,000円ですから
1枚売るという事は1000倍の2400万円分投資をしている事になります。
ネイキッド売り4枚持つと約1億円です。

レバレッジ自体が悪いというわけでは無く、
初心者にとっては大きすぎるという事です。

トレードに限らずスポーツでもなんでも、
人間は失敗を繰り返して成長したり上手くなっていきます。
でもあまりにもレバレッジが大きすぎると、
失敗=退場
となってしまいます。

オプションは株やFXとは異なる独特の価格変動が起こります。
これは、本を読んでもなかなか理解できません。
実際に自分で動きを体感して学んでいく形になります。

特に暴落が起こった時のプットの価格変動は、一度体験しないと分かりません。
でも、ポジション量を多くし過ぎていると、
体験できたけど資金を失って退場
なんてことになってしまいます。

なので、僕は日経225でオプションをやる場合は、
特に初心者は儲ける事は一切考えずに、
小さいポジションでオプション価格の変動を体感するのが良いと思います。
正直面白くはないと思いますが、
多くのオプション投資家が急落で退場していくので、こればかりは仕方ないと思います。

小さいポジションといっても日経225では1000倍のレバレッジがかかっていますので、
ネイキッド売りは避けて、外側の権利行使価格に買いを入れるクレジットスプレッドをお勧めします。

オプションで利益を求めるのは、
暴落を何度か経験し、オプションの怖さを知ってからの方が良いですね。

後は、僕が最もお勧めする、
アメリカの個別株オプションは、良いですね。
大体100ドルから300ドルの株価に対して100倍のレバレッジなので、
日経225と比べて10分の1程度です。
さすがオプション投資大国のアメリカですね。個人投資家にも優しいレバレッジの設定となっています。
日本のオプション市場はまだまだ個人投資家よりも機関投資家向けの投資商品なんですよね。

そのうち日経225オプションの「ミニ」が出ることを期待したいです(^^)/

-------------------------------------------
毎週記事更新しています(^^)/
このブログを読むと、毎月収益を上げているトレーダーが
どういった思考でトレードをしているのかが分かります。

あなたもこのブログでオプショントレードを学び、 自立した生活を送ってみませんか?

INポイントが付くとすごく励みになりますので
よろしければクリックをお願いします。m(_ _)m
もっと良い記事が書けるように頑張ります!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村