日経225一本で勝負しようとしたら、相場を読む力が求められる


オプショントレードの売り戦略は、
相場の動きをそれほど予測しなくていいというのがメリットですが、
今回のように大きな動きが出てきた時は、
ある程度の損失が出てしまうデメリットがあります。
レンジ相場では、逆張り的なポジション取りが有効ですが、
最近の上昇相場で利益を出そうとした場合、
ひたすらプット売りをするという順張り作戦に変更しなくてはいけません。
ここが、日経225のオプションで
継続的に利益を出す難しさがあるかなと思っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


レンジ相場の時は、レンジ帯の上にコール売り、
レンジ帯の下にプット売りをしておけば、
利益になります。
でも、最近の急上昇相場では
トレンドに合わせた順張りに作戦を変更しなくてはいけません。
逆張り→順張りという、真逆の作戦に変更しなくてはいけませんから、
そのタイミングが非常に難しくなります。
ある意味そんなに考えなくても、
機械的にコールとプットを売っていれば利益になっていたものが、
トレンドが出た途端、急に相場の動きを読まなくてはいけなくなります。

なので、日経225オプションで継続的に利益を出していくには、
ただ単にコールとプットを売っていけばいいのではなく、
トレンドが出た時に、素早く作戦を変更できるスキルが必要となってくると思います。
いわゆる「相場を読む力」が求められます。

で、一方で僕が今取り組んでいる、
IB証券のアメリカ個別株オプションの場合は、
そういった相場を読む力がそれほど必要とされません。

ただ単純に、ボラが上昇している銘柄を見つけ、
ポジションを仕掛けていくだけです。
(細かい事を書くと、色々あるのですが、
メインはこれだけです。)

なので、日経225のようにチャートに線を引いて
相場の動きを分析したりとかは一切していないです。
もちろんインディケーターの類も一切使用していません♪( ´▽`)

先月は225で損失を出してしまいましたが、
IB証券の個別株オプションでは、着実に利益を積み上げています。
ただ、小さいポジションをたくさん仕掛ける作戦なので、
日経225オプションのように予想が当たったら
大きく利益が出るというものではありません。

始めて3か月で20万円ほどの利益なので、
それほど収益が上がってるわけではないのですが、
ほとんどエネルギーを使わずに小さな利益を積み重ねていけるのは、
非常に良いのかなと思っているところです。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


2件のコメント

  • R.O

    どもっこんにちは〜。

    なるほど、
    IB証券の
    アメリカ個別株
    オプションと
    日経225オプションではまずまず戦略が違い、

    日経225オプションにおいてはトレンド相場と
    レンジ相場で戦略が違くて、

    戦略の切り替えが大切なんですね。

    順張りと逆張りの使い方

    FXとも繋がってきますね。

    なんだか
    僕の中でふわふわしていたことを言語化してくださったように思います、
    もの凄く腑に落ちました。
    いつも参考にさせてもらっています。
    ありがとうございます。

    • オプマニ

      承認遅れてごめんなさいm(_ _)m
      しばらくブログから離れていました。。。

コメントを残す