一つの相場を徹底的に究めるか、広く浅く色んな相場を見ていくか


今日の記事では、
僕がどんな市場でトレードをしているのかについて
書きたいと思います。
このブログでは、
ほとんどがオプションについて書かれていますが、
FXもやっています。
最近は、ボラが低くて
オプションはチョット稼ぎにくい環境になっていますが、
FXに関してはかなり稼げる相場が続いています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ここ3か月くらいに限ると、
オプションよりもFXの方が稼いだ金額はダントツに多いです。
特にトルコリラに関しては、かなりオイシイ相場が続いています。
ここ4年くらいほぼ一直線の下落で、
とにかく売れば利益になる相場が続いています。
トルコリラの価値は、円に対してこの4年間で60%以上も下落しています。
リーマンショック前の高値と比較すると、5分の1です。
ドル円で考えると、リーマンショック前が1ドル100円だったのが、
現在は1ドル500円になる計算です(笑)
とにかくありえない位の下落で、
かなりオイシイ環境が続いていました。

で、ここでぼくが言いたいのは、
FXは稼げるってことではなく、
オプション以外の相場を見ておくと、
その時稼ぎやすい相場が見えてくるってことです。

オプションだけに絞ってしまうと、
どうしても今みたいに稼ぎにくい環境の時もあります。
そんな時、別の相場に目を向けると、
稼ぎやすい相場が見えてきたりします。

でも、いきなり2個も3個も相場を見るのは大変なので、
最初のうちは、日経225オプションに絞っていても、
長期的には、色んな相場を見ておく方が僕は良いのかなと思っています。

あと僕が今、力を入れているIB証券のオプションに関しては、
アメリカ個別株だけではなく、金、原油、為替、世界各国のETF、債権
などなど色んな投資先があります。
日本の証券会社だと日経225しか選択肢がありませんが、
IB証券だとオプショントレードに限っても
色んな選択肢があります。

選択肢が増えてくると、
その時稼ぎやすい相場に投資すればよいので、
必然的に勝ちやすくなります。
今だと、金や原油なんかも分かりやすい相場ですね。

ドル円もかなり円安トレンドが進んだ時に、
逆張りでオプションを仕掛けましたが、
かなりストレスなくトレードできるので、可能性を感じています。

確かに、色んな相場を見るのは大変なのですが、
選択肢が増えるという事は、
その時勝ちやすい相場を選べるメリットもあります。

一つの相場を究めるという方向もあるのですが、
稼ぎにくい相場環境になった時は、
ある意味職人芸的なテクニックも必要となってきますので、
それはそれで大変かと思います。

なので、どっちの大変さを選ぶかですね!
一つの道を究めるか、広く浅く色んな相場を見ていくか。

僕は、色んな相場を見ていくのが好きなので、
その都度稼ぎやすいと思う相場でトレードしているという感じです。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す