日経225オプションは、ポジション量が大きいので恐怖を感じやすい


昨日の記事で「10万円の含み益」なんて書きましたが、
今日の下落で6万円位になってしまいました(笑)
まぁ、こんなことは良くあることです。
それにしてもアメリカ株、すっかり弱くなりました、、、
以前であれば、大きく下げても強力な押し目買いで上値追いしてたんですが、
今はすっかりその勢いも無くなってしまいましたね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


昨日の含み益10万円から今日で6万円と、
一日で4万円減ってしまったわけですが、
オプショントレードにおいては良くあることだと思っています。
この含み損益に一喜一憂してしまうと、
どうしても感情がぶらされてしまうので、
含み損になったとしてもあまり気にしないようにしています
(それでも、ちょっとは気になりますが(笑))

結局、アウト・オブ・ザ・マネーにある限りは、
最終的にはゼロになるわけですから、
そこはゆったりと構えるようにしています。

それでも、退場になるわけにもいかないので、
自分の許容ラインを突破した時は、損切りします。
実際、1枚当たりの損切り額が
20万円や30万円の時も何度かありました。

損切り額を小さくするという方法もあるのですが、
そうすると、本来ゼロに戻るはずのポジションを損切りしてしまう事になるので、
僕の場合はなるべくギリギリまで耐えることにしています。
結局トータルで利益が残っていれば、
細かいやり方はそれほど関係ないような気もします。

一番やってはいけないのが、「感情的な損切り」だと思っています。
「恐怖」を感じて損切りしてしまうとなかなか利益は積みあがらないと思っています。
ただ、日経225オプションは1000倍の単位なので、
ちょっとポジション量が大きすぎますよね。
恐怖を感じるなと言っても、
1枚当たりのポジション量が大きいので、
どうしても恐怖を感じてしまう人も多いかと思います。

このポジション量の大きさは、僕も前々から気になっていて、
オプションに慣れている人ならまだしも、
始めてやる人にとっては、大きすぎますし、
ポジションが追い込まれた時には、
どうしても損失額が大きくなって、
恐怖を感じて損切りしてしまうのも分かる気がします。

日経平均先物にミニがあるように、
オプションもミニが欲しいですよね!

ポジションサイズが10分の1になれば、
とりあえずポジションを持って、
オプションがどんな動きをするのか気軽に体感することができます。
オプショントレードは、色んな理論が本で勉強できますが、
実際に肌感覚で体感する方が、何倍も勉強になったりしますので。

今のポジションサイズだと、なかなか気軽にはポジションを持てないので、
そういった部分がちょっと残念だなーとは思います。

そういった意味で、僕がやっているIB証券のアメリカ株オプションは、
100株単位の売買なので、
逆行したとしても、日経225オプションよりは損失の増え方がかなり少ないですね。
もちろんその分利益も少ないですが、
損失に伴う精神的負担はかなり少ないです!
チャートも1日1回5分くらい見るだけですので、
時間的余裕もありますね。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す