今回の暴落で、再び重要なラインに差し掛かってきました


今日の記事では、日経225のチャート分析をしようと思います。
僕は、RSIとかMACDとかそういったインディケーターの類は、
全く使用しないのですが、
チャートはしっかり見るようにしています。
チャートを見ることで、
相場参加者の多くの人が注目しているポイントがわかるからです。
今回の暴落で、再びチャート上の注目ポイントに来ました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


上のチャートは、日経225先物の日足チャートですが、
かなり重要なポイントに差し掛かっていることが一目でわかります。
今回の暴落で、過去4回も跳ね返されてきた
上昇トレンドラインに再び差し掛かってきました。

特に前回は、このラインで反発した後、
異常な上昇となりましたね!
なのでここで反発するのか、しないのか
多くの人が注目していると思います。

「反発した」となると、
上昇を見込んで多くの買いが集まり更なる上昇が見込まれます。

一方で、「下落した」となると
反発を見込んで買っていた人たちの損切が発生し、
売りが売りを呼んで更なる下落が見込まれます。

このように多くの人が注目するポイントでは、
どちらか一方に大きく動く可能性が高まります。
(もちろん何事も無かったかのように、動かないこともあります)

大事なのは、動くことを見込んでポジションをとるのではなく、
動いた後にどうするかを想定しておくことです。

特にオプションでは、ボラ拡大で有利なポジションを取れますので、
心の準備をしておくと、それだけ有利にトレードができます。

特に、今回は過去何度も跳ね返されているラインなので、
下抜けた場合は、さらなる下落でボラが拡大するかもしれない
ってことを一応想定しておきます。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す