稼ぐ金額の目標設定はNG。人はお金を前にして冷静になれない


さて、今週も取引の1週間が始まりました。
今週は、○○円稼ぐぞー!と張り切っている人も多いかと思います。

あなたはトレードするにあたって、稼ぐ金額の目標を決めていますか?

ちなみに僕は全く決めていません。

それには理由が2つあります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


 理由1:目標金額を設定すると、相場が逆行したときに冷静な判断ができなくなるから

順調に行っている時は全く問題ないんです。
目標に向かって着々とお金がたまっていきます。

問題は、相場が逆行したときです。

あなたが、月の目標を20万円としたとします。
最終日、あなたはすでに24万円の利益を確定しています。
でも、そろそろ損切りしなきゃいけない
5万円の含み損のポジションを持っています。

こんな時、あなたは損切りして月の利益を19万円にすることができますか?
損切りする事で、月の目標が達成できなくなるんです。
おそらく、含み損を持ったポジションは来月に繰り越して、
今月の目標は達成したことにするんじゃないでしょうか?

これは明らかに損切りを遅らせる行為です。
損切りを遅らせて、さらに逆行すると人は冷静ではいられません。

損を取り返そうと、ナンピンしたり変なところでポジションを持ってしまいます。
これがさらに傷口を広げる行為となり、最悪の場合取り返しのつかないことになる場合もあります。

 

 理由2:相場は自分の損得お構いなしに動くから

相場は、自分の都合で動いてはくれません。
むしろ残酷なまでに逆行していきます。
自分本位で損場に臨むと大抵しっぺ返しを食らいます。
自分の都合で相場を考えるのではなく、
自分から歩み寄って相場に合わせていくことが必要となります。

相場に合わせるということは、あなたの利益の都合を相場に求めないということです。
拝みだしたらもうそのポジションは終わりでしょう(笑)

今日は1週間の初めに、目標金額の設定について普段考えている事を書きました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます m(_ _)m
もしよろしければ、以下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す