相場で多くの人が勝てない理由は、恐怖による支配構造にあった!


今日の日経平均も波乱の無い平和な展開でしたね。
気付けば、ボラも14.5付近と過去最低水準まで下げてきました。
アメリカの金利上昇でドル円が円安になっていることもあり、
今は、アメリカ株より日経平均の方が強いですね。
ただ、金利上昇に米株がどこまで耐えられるか、
見守っていきたいと思います^^
金利上昇と株価上昇は基本的には、ありえないので
どっちかが下落してくるのではとみています。
株価はかなり平和な動きをしており、
この一週間ポジションに変化はないですし、
含み損益もほとんど変化なしです。
ということで、今日もマインドについて書いていきたいと思います。
今日のテーマは「恐怖」についてです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


このブログでは、「恐怖」について良く書きますが、
それは、相場で勝つ上で
絶対に避けて通れない要素だと思っているからです。

僕は、トレードに関する本をたくさん読んできましたし、
インディケーターなどテクニカルな勉強もたくさんしました。
でも、そういったインディケーターって、
非常に分かりやすい反面、それだけでは絶対に勝てないってことも分かりました。

インディケーターは売り買いのサインが明確に出で分かりやすいので、
多くの人が取り入れていると思うのですが、
やっぱり感情が整っていないと、勝てないです。

で、トレードにおいて一番厄介な感情が「恐怖」です。
感情が恐怖によって支配されると、理性を失います。
理性を失った状態でトレードをすると、
どんなインディケーターを使っても無意味となってしまいます^^;

歴史的に見ても、権力者が民衆を支配するために「恐怖」を利用してきました。
ヒトラー然り、金正恩然り、
徹底的に恐怖を民衆に植え付け、支配構造を確立しています。

現代日本人も、みんな法の支配を受けていますが、
それも言ってしまえば恐怖を利用しています。
法を犯せば、その罪の重さによって懲役刑を受けたりしますが、
多くの人が法を犯さないのは、
罰を受けたくないっていう恐怖も理由の一つだと思います。
(もちろん、相手を傷付けたくないという良心的な部分もあると思います)

恐怖による支配は、トレードにおいても全く同じ構造です。
トレードでは、1割の勝者が、
残り9割の負け組の恐怖を利用して儲けているといっても過言ではありません。
トレードはPCの前に座って、ボタンをクリックするだけなので、
そういった支配構造は見えにくいですが、
もし、相場のお金の流れを見える化できたら、
ビックリするくらい特定の人にお金が流れ込んでいる様子が分かるはずです(笑)

特に、今のような平穏な相場では勝てるけど、
大きく相場が動いた時に大きく負けて、
今までの利益を飛ばしてしまう人は、
恐怖に支配されている可能性が高いと思います。
相場の1割の勝者は、大きく動いた時にごっそり稼いでいますから。

という事で、相場に限らず、
支配構造というのは常に恐怖を利用していますので、
可能な限りその恐怖に支配されないメンタルが、
相場で勝てるようになる近道だと思っています。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す