断酒とトレードの意外な共通点、それは「感情との戦い」にあった


僕は今、アルコールをやめて1年と3カ月ほどになります。
ただ、お酒を辞めるというのは、言葉で言うのは簡単ですが、
それを行動に移すのは簡単ではありません。
お酒好きの方なら、少しは分かっていただけるかと思います^^;
何度も何度も、断酒に失敗し
結局今、なんでお酒を辞められているのかというと、
「断酒日記」のお陰かなーと思っています。
断酒とトレードの間に何の関係があるんだ?
と思うかもしれませんが、
共通点は「感情との戦い」だと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


僕の場合は、上手にお酒を嗜むというよりは、
嫌な事があった時、それを忘れれるために飲むという、
完全にお酒に依存した飲み方でした。

そうなると、お酒を断つのはかなり難しくなります。
ダメだと分かっても、「飲みたい」っていう感情が出てきて、
ついついお酒を飲んでしまうんです。

これって、トレードで起こる感情に似てるんですよね。
冷静な時には、ダメだってわかっている事でも、
恐怖という感情が出てきた途端、ついついやらかしてしまう、、、

結局お酒も、根性や気合でやめようと思ってもダメなんです。
我慢を重ねていても、いずれ飲酒欲求が爆発してしまうからです。

で、最終的に僕がたどり着いた方法が「断酒日記」です。
断酒日記といっても、その日の夜に断酒を振り返って、
自分が感じたことをちょこっと書くだけです。

以下の写真は、2017年4月の僕の実際の断酒日記です。
今から1年以上前なので、かなり飲酒欲求は強かったと思います(笑)

この断酒日記を書くことで、自分がどんな時にお酒を飲みたくなるのか
客観的に知る事ができましたし、
断酒のメリットも実感できるようになりました。
断酒を続けるほど、「朝が爽快」「眠りが深くなってくる」
といったメリットが断酒日記を書くことで、より意識されると、
いざ飲みたくなった時に、「今お酒を飲んでしまうと勿体ない」
という感情が出てくるようになります。
こうなると、断酒も軌道に乗ってきます^^

「我慢してお酒を止める」から「お酒を飲むと実は結構いい事がある!」へと
気持ちが変わることで、前向きな断酒になります。
何事も「我慢」して何かをやるのは、必ずムリが来ます。
でも、「飲まない方がいい」事に気が付くと、
断酒が楽しくなってくるんですよ!
そんな気持ちになったのも「断酒日記」のお陰かなと思うですよ。

これをトレードに応用するとどうなるかというと、
やっぱり感情によってトレードが悪い方向に行くなら、
「トレード日記」を付けて
自分を客観的に見つめることが大事になってきます。
トレード日記をつけると、自分がどんな相場の時に
気持ちがブレるのか客観的に知る事ができます。

客観的に自分を知る事で、ダメなトレードというのが
少しずつ減ってきますし、
ダメなトレードが減ることで、結果も出てくるので、
ますますダメトレードが減っていくという好循環が起こります。

一瞬感情がブレそうになるんですけど、
無意識に「冷静になった方が絶対結果は良いんだ」
という気持ちが出てきて、
感情に左右されたトレードは出にくくなります。
このあたりは、言葉ではなかなか説明しにくい感じなんですが、
無意識に感情が塗り替えられる感覚でしょうか。

とにかく、「トレード日記」は
自分の悪い癖や習慣を治すには最適という事だと思います。
「日記を書くのは面倒、とにかく稼ぎたいだけ!」
という気持ちも分かりますが、
やっぱり勝利の秘訣は、多くの人が面倒だと感じることに隠されていると思います。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す