少しは成長したかな?今日は想定外の動きだったが冷静でいられた!

落ち着いたトレード
マインド

今日の日経は思いのほか下落しましたねー
終わってみれば100円を超える下落となりましたね。
完全な想定外でした(笑)

アラバマ州の上院補欠選挙で民主党候補が勝利したことにより
円高ドル安が進み、日経も下げました。
でも、当の震源地であるダウ先物は少し下げたものの
現時点で下げは戻しています。何だか理不尽ですねー^^;

今日は(も?)予想が外れてしまいましたが、収穫もありました。
それは、「トレードしない」という自分が決めたルールを守ったことです。
しかも、相場が思いのほか動き、朝立てたシナリオとは異なる動きだったのですが、
心が動揺することなく冷静にいられました。

僕の場合、想定外の動きをするとチャンスと思って逆張りをしたくなるんですよね。
「理由無く大きく動くということは、必ず反動で戻すはず」と考える癖がついてます。
いわゆる相場が伸びきった時に逆張りを仕掛けるイメージです。
今日もまさかこんなに下落するとは思っていなかったので、
一瞬逆張りでプット売りをしたくなりましたよ。ほんの一瞬ですが。

今日の相場で逆張りしていれば、結果的に利益になっていたと思われますが、
やはりきちんとルールを守った自分をほめてやりたいです(笑)

こういった小さな成功体験が、
脳の潜在意識に「自分はルールを守る人間だ」と働きかけます。

どんな小さな事でも「できた」という成功体験を積み重ねるのが脳には効果的です。

ちなみになぜ僕が衝動的な逆張りを避けるのかというと、
コツコツドカンをやらかしてしまうからです。

相場が伸びきった時の逆張りって、結構うまくいくんですよ。
調子がいい時は勝率がものすごくよくて稼げたりします。

でも、大きな落とし穴があるんですよね。
自分では「伸びきった」と思っても相場がさらに伸びていく時がまれにあります。
この時あっさり損切りできれば問題ないんですが、
伸びきったと思ったところからさらに伸びで行くと、
「さすがにここで反転するでしょう」と自分に都合よく考えてしまうんです。

こうやって相場に対して自分の希望が入ってくると、
意地悪するかのようにさらに相場は逆行していきます(笑)

こうなると、もう損切ができなくなってしまいます。
僕がこのブログで「人間追い込まれるとおかしな行動をとる」と書いてますが、
逆行すればするほど心が動揺して、見て見ぬふりして放置したり、
ナンピンしまくったりします^^;

こんなわけで、僕は何度も自分の相場観に固執するあまり痛い目を見てきました。

というわけで、相場が伸びきった時の逆張りは、
大抵の場合はうまくいくことは分かっているんですが、
損切りが上手くないと大きく損をしてしまうので、
自分ルールとしてやらないようにしています。

ただ、突発的な逆張りはやりませんが、
事前に「ここのラインまで来たら逆張りしよう」
というシナリオを事前に建てた場合はやります。
その場合は、ロスカットポイントも明確に決まっているので、
大きなロスを出すことはありません。

-------------------------------------------
youtubeを毎日更新しています!
動画では僕がトレードで収益を上げられるようになった考え方を
惜しみなく公開しています(^^)/

あなたもチャンネル登録すれば、無料で情報を手に入れることができますし、
見逃してしまう事もなくなります!

youtube登録ボタン

4 件のコメント

  • こんにちは。

    私の現時点のポジションです。

    ・19125P売り 21円✕6枚 (含み損益 +9万円)

    ・24375C売り 21.6円✕6枚 (含み損益 +6万円)

    C売りは、3回に分けての結果ですが、自分の中でルール違反で仕掛けが早すぎました。
    でも、何とか含み益までなったのは、やはりタイムディケイというオプションの優位性です。

    先日の記事のお陰で、曲がりなりにも、自分でも何となくですがルールが守れるようになりました。
    枚数も減らした方です。枚数や資金を減らすと、精神的にずいぶんと違います。
    相場を冷静に見ることができるような気がします。

    最近の私の課題は、チャートソフトを見る時間を減らすということです。
    必要以上に見ない。見る時間を決める。ターゲットメールで一定価格に達した時のみ確認するなどです。
    また、夜は早めに寝る。外出や人と会うなど、相場以外のことは優先する。その結果、エントリーのチャンスを失っても諦める。

    昨夜は、C売りヘッジのために、225ミニ先物の買いポジションを3枚だけ持とうとルール違反の誘惑にかられました。
    「いかんいかん」と思い、パソコンの電源を消して寝ました。ルール違反をしていたら、今頃は▲3万円の含み損です。

    投資手法は、貴殿と逆で、完全に逆張りです。高値を出し切ったと思われところで、C売り。逆に下げきったと思われるところで、P売りです。

    使っているテクニカルは、ボリンジャー・バンドやADX、移動平均線などです。

    日足のボリンジャー・バンドのスクイーズ、ADXの動きなどから、当面は狭いレンジ(22000~23000円)でのBOX相場と見ています。
    ちなみに、今夜のFOMCで大幅な下げを期待しています。22400円割れ。難しいかな?そこで19875P売りを狙っています。

    ※余計なお世話かもしれませんが、ランキングのリンクは、「新たなウインドウを開く」に設定した方がイイと思います。

    • こんばんは。
      いつもコメントありがとうございます。

      僕の記事で精神的に楽なトレードをされるようになったとの事で
      大変うれしく思います!
      と同時に、短期間で考え方を変えられたことに驚いています。
      僕の場合は、1年くらいはかかりましたね(笑)

      でも、ポジションサイズを思い切って小さくするだけで、
      全然精神的に違いますし、変なトレードをしなくなりますね。
      「ポジションサイズを上げるのは上手くなってからで良い」
      と思えば焦りも生まれませんし^^

      このサイトで一人でもお役に立てれば嬉しいですし、
      記事を更新する励みにもなっています。

      今後の見通しとしては、おっしゃる通りボラも低下しており、
      狭いレンジが続くとみています。
      が、FOMCではそんなに動かないか、むしろ少し上げるのでは?
      と思っています。あくまで僕の当たらない予想です(笑)

      ランキングのリンクの件、ありがとうございます。
      確かに別ウィンドウで開いた方がいいですね。
      取り急ぎ今日の記事は変更しました。
      明日から「別ウィンドウで開く」にさせていただきます。
      いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m

  • >と同時に、短期間で考え方を変えられたことに驚いています。
    >僕の場合は、1年くらいはかかりましたね(笑)

    全く逆ですよ。たった1年で克服できたのがスゴいことです。
    私の場合、この相場というギャンブル依存症は筋金入りで、克服するために約3年前ぐらいから、先般推奨されていたトレード日記もつけていました。

    しかし、自分の反省だらけでダメな自分をさらに潜在意識に植え付けて逆効果だったようです。そして自暴自棄になって・・・。

    そんなタイミングで登場したのが貴殿のブログの伝説の記事です。私の洗脳状態を完全に解放してくれました。脳は理論や理屈さえ理解できれば正しい行動を起こすようです。

    それほど、あの記事は説得力があったということです。

    つまり、貴殿が1年がかりで克服したことを、私が脳が一瞬で理解したということです。

    それから、予想も止めました。当たらないからですw
    当たらない予想はよそうww

    することは、想定外の動きを想定しておく、あるいは、レンジの狭いBOX相場を想定しておく、ことだけです。

    >ちなみに、今夜のFOMCで大幅な下げを期待しています。22400円割れ。難しいかな?そこで19875P売りを狙っています。

    うん、予想では無い。想定外の値動き、ただの期待ですwww

    • こんにちは。
      あの記事がそこまでお役に立ててたとは驚きですし嬉しいですね!

      確かに予想は極力しない方がいいですね。
      未来のことは誰にも分かりませんから。
      僕は予想といいますか、シナリオを作成するために何通りか「想定」しています。
      想定した動きになったら、相場の流れに乗っかるイメージです。
      高速道路の本線に合流するような感じですかね。

      それでは、またコメントお待ちしております。
      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUT US

    うつ病で会社をクビになった40代男性です(既婚) 自由に働けない身の中で、投資で経済的自立を図るも、株とFXで大失敗! そんな中オプション取引を知り、その面白さにハマる。 100万円の自己資金を用意し、何とかオプション取引で自立を図るまでの日々の記録をつづります。