デモトレードでは絶対に稼げるようになれない理由

リアルトレードとデモトレード マインド

この記事では、「リアルトレードとデモトレードの違い」について書いていきたいと思います。

デモトレードとリアルトレードに立ちはだかる「大きな壁」とは?

多くの人は「デモトレードでしっかり利益を残せるようになってから
リアルトレードに移行して確実に利益を残したい」と考えているかと思います。

ただ、実際はこんなに上手くいくことはありません。
なぜかと言いますと、リアルトレードとデモトレードの間には非常に大きな壁が存在するからです。
この壁のせいで、デモトレードで疑似的にいくら収益を上げられたとしても、
リアルトレードでは全く歯が立ちません。

その大きな壁とは何だと思いますか??

・・・・
・・・
・・

その大きな壁は「感情」です。
デモトレードでどんなに訓練をしたとしても、
リアルトレードでは「感情」が邪魔をしてデモトレードと同じ事ができなくなってしまうのです。

デモトレードではお金を失う痛みが全くないので、理想的なトレードができるのです。
損切りすべきところでは躊躇なく損切りし、利益を伸ばすべきところでじっくりと利益を伸ばすことができます。

でも、これが実際にお金を扱うリアルトレードだと全く状況が異なるのです。

リアルトレードでうまくいかない「損切り」

リアルトレードだと損切りも非常に大きなストレスとなります。

あなたが保有したポジションが思った以上に逆行してしまって20万円の含み損が出てしまったとしましょう。

この状況で躊躇なくあっさりと損切りできますか?

損切りの金額が大きくなると、
「もうちょっとだけ待ってみよう。反転するかもしれないし」
「20万円なんて損切りできない!明日には戻っているだろう(パソコンをそっと閉じて眠りにつく)」

こんな感じで人間は「損をしたくない」という感情が働いて損切りを遅らせてしまうのです。
こんなことを繰り返していると、いずれ20万円の損失が、50万円→100万円→200万円
となって取り返しがつかない事態となってしまうのです。

人間は損失を後回しにする性質があるので、普通にリアルでトレードしていると、
コツコツドカンをやらかしてしまうのです。
これがリアルで稼げない大きな原因の一つです。

これがデモトレードだったら、あっさり損切りして終わりです。
お金が絡んでいないので、そこに人間の「損をしたくない感情」は全くありません。

リアルトレードでうまくいかない「利食い」

デモとリアルの違いは損切りだけではありません。
利食いについても人間の感情が邪魔をするのです。

例えば、あなたがポジションを持っており、それが上手くいって30万円の含み益が出たとします。
この「30万円の含み益が出た」という状態でも人間の感情が邪魔をしてきます。

リアルトレードだと、
「30万円の含み益が0円になったらもったいないから、今のうちに利益を確定しておこう!」
となりませんか?

仮に、ここで踏ん張って利食いせずにさらに利益50万円を目指したとしても、
相場が少し反転して利益が20万円に減ってしまったらどうでしょう?

「やばいやばい!このままいったら0円になる!急いで20万円の利益を確定しよう!」
となるわけです。

人間は得た利益を失うことにも非常に敏感になります。

得た利益を失うくらいならさっさと確定したくなるのです。
でもトレードではこれも確実に稼げない行動なのです。

本当にトレードで利益を上げたいなら、目先の30万円の含み益を
50万円→100万円→200万円
とドンドン伸ばしていく必要があるのです。
例え目先の30万円の含み益がマイナスになって損切りとなるリスクを負ってでも、伸ばす必要があるのです。
30万円の含み益が損切りになるのは非常に悔しいですが、
そこを乗り越えて利益を伸ばせる人がトレードで収益をあげ続けられるのです。

これもデモトレードだったら難なくできてしまうのです(笑)

リアルだとどうしても含み益を失うのはもったいないという「感情」が働いて利食いを早めてしまうのです。

トレードでは「損切りは素早く、利食いは遅く」が絶対条件です。
つまり、損切りは少ない金額で確定して、利食いはできるだけ大きく伸ばす必要があるのです。
でも、リアルトレードだと人間は逆のことをしてしまうのです。
損切りは先延ばししたい「感情」
利益は早めに確定したい「感情」
が正しいトレードを邪魔してしまいます。

これ以外にも、リアルトレードだったら以下のような事例もあります。

リアルトレードで起こる間違ったトレード(例)
・暴落時、みるみる増える含み損に怖くなり投げ売りしたら、そこが底だった
・損失を取り返そうと2倍のポジションで博打トレードをした
・損益が気になって何度もスマホでチェックしてしまう

このようにリアルトレードだとうまくいかない事例は山ほどあるのです^^;

これらの事例は人間の本能に関わる関わる部分なので、
デモトレードのようなお金に対する感情がわかない環境でいくらトレードをしても鍛えられることは無いのです。
つまり、デモトレードでいくら収益を伸ばせるようになったっとしても、
リアルに移行した途端、同じトレードはできなくなってしまうという事がご理解いただけたと思います。

つまりデモトレードをいくらやってもトレードが上達することはありませんので、
できるだけ早くリアルに移行する事がトレード上達の近道なのです。

当然お金を失うリスクはありますが、成長スピードも段違いに早いです。
と言いますか、デモトレードでは全くと言っていいほど上達はしません(汗)

デモトレードが有効な場合

では、デモトレードが全く意味を持たないのかというとそうでもないのです。

特にオプショントレードでは、最初はデモトレードでやることをお勧めしています。

というのもオプショントレードはルールが複雑でいきなり全てを理解してトレードするよりは、
デモトレードでも良いのでやりながら覚える方が効率的だからです。
また、オプション価格は株やFXとは全く異なる独特の動きをしますので、
実際にやってみないと分からない部分も多いのです。

いきなりリアルでやって覚えてもいいのですが、
リスクも良く分からない初心者がネイキッド売りポジションを持って
暴落に巻き込まれて一気に資産を失うリスクもあるので、最初はデモトレードが無難かなと思います。

日経225オプションのデモトレード

日経225オプションだとデモ口座を開設できる証券会社は無いので、
「ポジションを持ったつもり」になってオプション価格を毎日記録して
どのような価格推移をするのかを学習する必要があります。

以下の動画では、
オプション価格をどうやって記録すれば効果的に学べるのかについて解説しています!

オプション価格の値動きを覚えようと思ったら、
動画の通りにやるだけで数倍速くマスターできますよ!
逆にこれらの事をせずにただ漠然とトレードしているだけでは、
オプション独特の値動きに慣れるまでに大幅な時間を費やす事になってしまいます、、、

 

IB証券の米株オプションのデモトレード

また、僕がお勧めしているIB証券の個別株オプションでは、
デモ口座を開設できるので、まずはそこで練習をしてからリアル口座に移行することをお勧めします。

IB証券のデモ口座は、リアル口座と全く同じ環境でできるのでお勧めです。

IB証券のトレードツールはとても使いにくいので、最初はデモ口座で操作になれることも必要かと思います。

以下の動画でIB証券でのデモ口座開設方法を説明しています!

動画でも説明していますが、IB証券のデモ口座は以下の2種類です。

IB証券のデモ口座
・無料トライアル
・ペーパートレーディング口座

お勧めは「ペーパートレーディング口座」です。
IB証券のリアル口座が開設できていることが条件ですが、
リアル口座と全く同じ環境で注文の発注や約定ができますし、
疑似的に保有したポジションの損益もずっと追うことができます。

一方、無料トライアルは誰でも開設できるのですが、
使える機能に制限があったり、保有したポジションはいったんログアウトすると消えてしまうので、
保有したポジションがどうなっていくのかを追うことはできません。

このようにIB証券の「ペーパートレーディング口座」はリアル口座とほぼ同じ環境で使えますので、
オプションに慣れたり、IB証券のトレードツールに慣れる意味では最適です!

でも、最初に述べたように、デモ口座でトレードスキルが上がることはありませんので、
できるだけ早くリアル口座に移行することをお勧めします。
お金を失うリスクはありますが、オプションスキルの向上は劇的に早くなります。

デモ口座でノーリスクでトレードスキルを向上させてからリアルに移行しようとしても、
ほぼほぼうまくいかないのです。
全ての物事に言えると思いますが、ある程度のリスクを負わないと得られるリターンも無いという事です。
つまり、リアルでリスクを負うからこそ、
得られるリターン(トレードスキルの向上)も大きいと思います。

-------------------------------------------
毎週記事更新しています(^^)/
このブログを読むと、毎月収益を上げているトレーダーが
どういった思考でトレードをしているのかが分かります。

あなたもこのブログでオプショントレードを学び、 自立した生活を送ってみませんか?

INポイントが付くとすごく励みになりますので
よろしければクリックをお願いします。m(_ _)m
もっと良い記事が書けるように頑張ります!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村