今回の暴落でどのようにプット売りを増やしていったのか検証しました


今日の記事では、
今回の暴落で僕がどの位置でプットを売ったのか書いていこうと思います。
ブログを再開した10月12日から、全部で33枚ものプットを売りました。
(その内27枚はすでに利食いしています。)
実際にどんな状況でプットを売ったのか、
日足チャート上に示してみようと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


合計33枚のプット売りを示した日足チャートが以下となります。

33枚のプット売りのほとんどが、下落真っただ中の状況となっています。
10月17日と10月19日は、
下落が終わったと誤った判断をして、プット売りを追加しています^^;

チャート上に10枚売りと書いていても、
一気に10枚売ったわけではなく、
1枚ずつ売り増ししています。

10月25日と26日は、かなりピンポイントで
下値を拾っていますが、
それ以外は、ポジションを持った後に逆行しています。
ただ、それでもそのほとんどが利食いとなっていますし、
残りのポジションも、権利行使価格が19500円以下なので、
SQまで1週間と考えると、ほぼ利食いできる状況です。

ここがオプションの優位性だと思っていまして、
暴落時にプットを売って、多少逆行したとしても大体は利益になります。

大体は利益になるんですが、注意すべき点は
やはりポジション量となります。
後々利益になるって分かっていても、
証拠金不足になってしまえば、そこで損切りせざるを得ません。
なので、最初は慎重すぎるくらいにポジションを絞って、
想定を超える下落が来た時に
大きくポジションを増すのが良いのかなと個人的には思っています。

僕の場合は、10月25日と26日の大幅下落の時には、
大きくポジションを増しています(15枚もプット売りを追加してます)。

この時は、SQまでの日数、権利行使価格までの価格差、
そして何よりも、若干パニック的な売りで、
多くの人が損切りになっているであろう状況を考えて、
一気にポジションを増すべきと判断して、勝負に出ました。

10月12日にブログを再開した時には、
こんなに大相場になるとは思っていませんでしたが、
期せずして僕がオプションでやりたかったトレードができましたし、
その間の僕の心境なども色々書けたので、
何かの参考になるのではと思っています。

年に1回起こるかどうかの急落で、多くの人が損失を被る中、
どうやって利益を出せるのか、
なるべく細かく書いたつもりなので、
参考になればうれしいですね。

大相場では、退場者も多く出る反面、
実は大きく稼ぐチャンスでもあります。
ここで大きな収益を上げられれば、
正直平穏な相場では、ほとんど稼げなくてもいいと思っています。
むしろ、ボラが低く穏やかな相場ではポジション量を落とした方がいいと思っています。

そういった意味で、今回の暴落は一気にポジションを増していったので、
なぜポジションを一気に増やしたのか、
そういった視点で読み返してみてもいいかもしれませんね。

もし気になる方がいましたら、
日経暴落し、ついにプット売りのチャンスが到来!
から見てみるのもいいかもしれません。

いつもクリックしてくださり、本当にありがとうございますm(_ _)m
INポイントが付くとすごく励みになっています。
もっと良い記事が書けるように頑張ります!
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村 先物取引ブログへ

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す