オプショントレードはいくら資金があれば良い?

オプションに必要な資金 オプショントレードの基礎(初心者向け)

この記事では、オプショントレードに必要な資金量について書いていこうと思います。

オプション取引は、コツコツ資産を増やしていける最適な投資法なのですが、
デメリットとして必要な資金量が大きいというのがあります。

初心者はいくら資金があれば良いのか?

FXだと10万円程度から始められるのですが、
オプションは最低でも100万円は必要になってきます。
しかも100万円というの本当に最低限の資金量で、
できれば200万円は必要となってきます。
(本当は多ければ多いほど良いので、さらに資金が大きければなお良いです)

以下の動画でもオプショントレードに必要な資金量について
簡潔にまとめていますので、ぜひご覧ください(^^)/

このようにオプションは必要な資金量が多いのですが、これには理由があります。

それは売り戦略の場合、差し出す証拠金が大きいのです。
条件にもよりますが、一つのポジションを持つのに20万円程度必要になってきます。
オプションの売買単位は1000倍ですから、1000倍のレバレッジがかかっている事になります。
つまり扱う商品の金額が大きいので、必然的に差し出す証拠金も大きくなってしまうのです。

でも、証拠金が20万円だと資金が100万円あったら十分だと思いますか??
でもオプションはそうではないのです。

資金をいかに「余らせるか」がキモ

相場が荒れてボラティリティが上昇したら
証拠金が上がる可能性が高いのです。
20万円の証拠金が30万円になる事もありえます。

さらにオプションは、資金を目いっぱい使ってポジションを持ってはいけないのです。
まぁ、ルール上は持つことはできるのですが、
目いっぱい持ってしまうと、先ほど書いたように証拠金が上がった時に
資金が足りなくなってしまいすし、
暴落が起こった時も含み損が大きくなって資金が足りなくなってしまいます。

オプションは暴落が起こった時が、最も稼ぎやすいチャンスなのですが、
資金を目いっぱい使ってポジションを持ってしまうと、
暴落が起こった時に新たにポジションが取れずに、身動きが取れなくなってしまいます。

暴落が起こってチャンスにもかかわらず、
証拠金不足で追証になってしまうか、
ポジションを損切りして追証を回避するしかなくなってしまいます。

つまり、資金量がギリギリだと暴落が起こった時に余裕がなく、
何もすることができなくなってしまうのです。
なので、オプショントレードでは、普段から資金量に余裕を持たせておく必要があるのです。

僕のイメージだと、平時は資金量の10分の1くらいを証拠金として使うくらいが良いのかなと思っています。
つまり100万円だと10万円を保有ポジションの証拠金として使って、
90万円は余らせておくという事です。

これくらいできれば、思わぬ暴落が起こったとしても
慌てずに次の対処が取れると思います。

したがって100万円の資金量だと、
クレジットスプレッドなど工夫して証拠金を減らして
何とか2から3ポジション持てるかどうかといったところです。

なので100万円だと取れる戦略が限られてしまいますので、
できれば200万円あればいいと最初に書いたのはこのような理由のためです。

初心者のうちは、「資金を余らせる」というのは、
稼ぐチャンスをみすみす逃すようなもので、勿体ないと思う方も多いと思いますが、
オプショントレードを長く続けていくためには、
これくらいの資金に余裕を持たせた方が良いです。

ただ、実際はどれくらい余裕を持たせるかは、
トレードしながらご自身で決めていく事になります。
ここで上げたのはあくまでも僕の例ですが、
何年かオプショントレードをやってきてたどり着いた結論ですので、
大きくは外していないのではないかと思っています(^^)/

無くなっても良い資金でやるのがベスト

そして、オプショントレードに投入する資金は、
必ず「無くなっても良い資金」でやるようにお願いします。

トレード初心者の特徴として、トレードに根拠の無い自信を持っていて、
「稼ぐ事しか見えていない」という傾向があるのです。

「100万円の資金を1年後には200万円にしたいな」と大きな夢を描きがちですが、
初心者の夢は大抵打ち砕かれてしまいます^^;
増えないならまだしも、高確率で元金も失ってしまう事になるでしょう。

「絶対に資金を失いたくない」という方は、
オプショントレードをやらない方が良いと思います。

特にオプションは初心者が資金を失いやすい構造になっているのです。

以下の動画で、「なぜオプショントレードは資金を失いやすいのか?」
について解説しています!
初心者の方にはぜひ観ていただきたい動画です!

このようにオプショントレードは、やり方によっては、
オプションをほとんど知らない超初心者でも数十万円稼ぐ事が出来てしまうのです。
その方法とは、ただひたすら遠くのプットを売るだけというとても簡単なやり方です。
たったこれだけで月数十万円も転がり込んでくれば、あまりのおいしさにやめられなくなってしまいます。

でもこの方法では継続的に稼ぐ事はできないのです。
この方法を取り続けていれば、一度暴落が起これば間違いなく退場してしまいます。
今まで稼いできた金額を失うだけならまだしも、多くの場合は元金も失ってしまいますし、
最悪の場合は追証が払えなくて破産してしまう可能性もあるのです。

毎月数十万円を得るくらいのリスクを取っていたら、一度の暴落で数千万円クラスの追証の可能性もあります!
実際東日本大震災の時は、日経が大暴落しましたが、追証が払えなくなり破産した個人投資家がかなりの数いたそうです。

このようにオプショントレードは、きちんとやればコツコツ資産を増やしていける投資法なのですが、
初心者に対して色々なトラップがあり、注意が必要です。

資金が大きいほど勝ちやすいオプショントレード

オプショントレードは、冒頭で最低100万円、できれば200万円と書きましたが、
これは本当に最低限の投資金額なんですね。
というのも、オプションは投資金額が多ければ多いほど勝ちやすい性質があるからです。
まあこれはオプションに限った話ではありませんが、
投資はお金がある人が強いのです。

これは資本主義の原則でもありますが、基本カネを持っている人が投資でも力を発揮します。

この点を以下の動画で、実例を挙げて分かりやすく解説していますので、ご覧ください(^^)/

極端な例で比較してみますが、
もしあなたが100億円持っていたとして、この金額を元手に月50万円稼ぐのと、
100万円の資金で月50万円稼ぐのとでは、全く難易度は異なります。

当然100億円持っている方が稼ぐのは非常に簡単です。
適当に遠くの権利行使価格をネイキッド売りしているだけで、月50万円は余裕で稼げます。

万が一暴落が起こったら、もともと持っているポジションを損切りして、
新たに外側の権利行使価格のプットを売ればいいのです。

資金が100億円もあるので、月50万円位稼ぐポジションでは、追証にはなりません。
万が一追い込まれても、ナンピンしても良いですし、
元々のポジションを損切りして新たにポジションを持つことも全然可能です。
このように資金がメチャクチャある人というのは、オプションで何の戦略もなく
ただネイキッド売りするだけで月50万円位は余裕で稼げてしまうのです。
暴落が起こっても資金が豊富にあるので、全く心配ありません。

一方で、100万円しか資金がなくて、これで月50万円を稼ごうとしたら至難の業です。
当然50万円も稼ごうとしたらリスキーなポジションを持たなくてはいけませんし、
リスキーなポジションを持っているという事は、それだけINする可能性も高いので、
損失になる可能性も高いという事です。
月50万円稼げるかもしれないけど、それは退場リスクと常に隣り合わせです。

まあこれはかなり極端な事例で比較しましたが、
一つ言えることは、オプショントレードでは資金が多ければ多いほど稼ぎやすいという事です。
つまり、最低金額でやろうとしている方は、ある程度稼ごうと思ったら、
かなりの難易度を覚悟しなくてはいけないという事です。

でもそれだと退場リスクも高くなってしまうので、
最初資金が少ないうちは、稼ぐ事は一旦頭から外して、利益は少なくていいので、
オプションの経験を積むことを意識した方は良いかと思います。

いきなり稼ごうと思ってしまうと、知らぬ間にポジション量は多くなってしまいますし、
余計なリスクを取る事になって退場リスクは高まりますので。

この記事では、オプショントレードで必要な資金について書きました。
一応最低限必要な資金量は示しましたが、
結局は資金が多ければ多いほど稼ぎやすいという事実もあるのです。

-------------------------------------------
毎週記事更新しています(^^)/
このブログを読むと、毎月収益を上げているトレーダーが
どういった思考でトレードをしているのかが分かります。

あなたもこのブログでオプショントレードを学び、 自立した生活を送ってみませんか?

INポイントが付くとすごく励みになりますので
よろしければクリックをお願いします。m(_ _)m
もっと良い記事が書けるように頑張ります!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村